「今そこまで来ている危機」を認知するための一助になれば

2017/6/22 木曜日

午前中、某デザインプロダクションにて、社長氏とディスカッション。
面白いアイデア続々。

午後は、市内中心部の伝統ある某経済誌出版社をたずね、単独プレゼン。
で、こちらのご厚意により、マーケティングに関する記事を来月から一年間、ほぼ隔週、記名&顔写真入りで寄稿することになった。

慢性的な経営難に陥っていた複数の企業を蘇生させたことなどの実績が評価されたのだと思う。

マーケティングの原理原則、業態別アプローチ、導入事例のbefore&after、最新マーケティング動向までできるだけわかりやすく、そしてここが重要なのだが、重くなりすぎないよう注意しつつお伝えしていきたい。
有名百貨店やアパレルがどんどん倒産し、かつては名の知れた敏腕経営者たちが
「我々は茹でガエルだった」と
赤裸々に敗戦の弁を述べているというのに、中四国の経営者のほとんどは、いまだ内輪の理論にとらわれ「今そこまで来ている危機」に気づいている気配はない。
断言しよう。
このままでは老舗企業も含め、あと10年を待たずして相当数の企業が消え去ることになるだろう。
私の提言が経営に真のイノベーションを起こす、ささやかでもきっかけになれば嬉しい。
マーケティングは武術と同じ。
「勝つ」ではなく
「負けないこと」を目指すものだ。

写真:我が家のハイビスカス、絶賛開花中。
写真 3

夜な夜な一人研究会

2017/6/21 水曜日

明日、2本続けてプチプレゼンがあるので、終日企画シートづくりに没頭す。

最近、仕事の終わった夜更けに、YouTubeで、「達人」と噂される他流派の空手家や格闘家の映像を見ていろいろ研究するのが日課。
で、昔は見てもどうやってるのかわからなかった術が、今は解析どころか、再現できるようになった。
っつーか、その弱点までわかってしまう。
心体育道はつくづく凄いどー。

写真:今年も道場に業務用扇風機の出番がキター♪
写真 2

理解を阻害するRAS

2017/6/20 火曜日

昼、両親とオタマと4人で、某ホテルのステーキレストランにて食事。

午後より諸々プランニング。
夕方、友人来宅。脳に入ってくる情報を取捨選択する役目(簡単にいえばフィルター)を担っている「RAS(網様体賦活系)」の解除方法を伝授。
「オクターヴメソッド/脳の護身術」では必修科目となっているが、他のコーチングメソッドより、僕が考案したやり方のほうが圧倒的に強力で、しかもやりやすい。
あなたが人と話す時、相手はあなたの話を、実は「聴いていない」。
無意識的にRASが作動し、それによって濾過されたわずかな情報をさらに自分風に解析(翻訳)して聴いているのである。
よって自分の認識できない部分は、そこで抜け落ちてしまうことになる。
だから頭で「わかった」と思うのは実に危険。体感をともなうことが重要なのだ。
それを「考えるな、感じろ」と一言で表現したブルース・リーはやっぱりすごいね。
DSC05449.jpg

ありえん符合、されど必然

2017/6/19 月曜日

終日諸々。

昨日から、ありえん符合が連発。
スピリチュアル的なことはあまり言いたくないのだが、たんなる偶然では済まされない頻度に全身が総毛立ってしまう。
忘備録的に書いておくと、現時点でワードとなるのは三蔵霊仙、空海、秋葉神社に大阪サムハラ神社。
これは最近コンサル契約した某クライアントのプロジェクトを成功に導けるのはあんたしかおらん、しっかりやんなさい、というメッセージと勝手に確信。
人を見守り、育て、支えること。これが人生後半のミッションである。間違いない。
DSC05464.jpg

13歳

2017/6/18 日曜日

終日、諸々。

父の日とセガレの誕生日が重なり、夕方は我が家でプチパーティー。
セガレは13歳だよ。
たぶん年内に身長を追い越されるだろう。
もうダッコも高い高いも無理だな(笑)
写真 4 (1)
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR