FC2ブログ

お盆を風物詩として愉しむ余裕なし

2019/8/13 火曜日

オタマ方の先祖の墓参りで海田〜呉を巡礼。
しかし、なんだろうね、この非常識な暑さは。日本のお盆を風物詩として愉しむ余裕など、日本全国ないのではなかろうか。身の危険を感じるほどのハードさゆえ、年寄りには自宅待機してもらった。

写真:墓地から呉の軍港を望む。好きな風景だ。
IMG_0839.jpg

全身マーケティング男

2019/8/12 月曜日

終日諸々。

気になる男がいる。先の選挙で「れいわ新選組」とともに、台風の目となった、あの政党の党首である。
政策能力や人間性はひとまず置いておいて、注目したのが「全身マーケティング」とでもいいたくなるような彼の戦略&戦術である。
ターゲットの絞り込み、フォロー、ネーミングセンス、自己メディア化など、僕が助言しているマーケティングの根幹が余すところなく盛り込まれているのだ。
近日「オンラインサロン西瀬戸300」でじっくり解説する所存。

父と子

2019/8/11 日曜日

昨日朝からオタマが名古屋に住む姉のところに遊びに行っているので、父と子だけの生活2日目。
僕が中3の頃は、親と話があわず、オヤジと、あるいはオフクロと2人だけでどこかに行ったりすることなどまったくなかったが、うちのセガレは全然平気のようである。で、夕方は2人でパスタを食いに行った。
今のところ反抗期もないし、会話もよくする。セガレのほうから相談も頻繁にしてくる。
このまま、僕のように屈折することなく、のびのびまっすぐ育って欲しいね(笑)。
DSC07578.jpg

新しい人類の指標

2019/8/10 土曜日

終日諸々。

毎年終戦の日が近づいてくるとTVではNHKを中心に、あの戦争はなんだったのか的なドキュメンタリーが多く放送される。
一方ネットを通じて、従軍慰安婦問題など、日本軍が関与したとされる非人道的行いも頻繁にアップされる。
果たして、日本軍が極悪非道だったのか?中国がいうような30、40万人を殺せるはずがない南京大虐殺など、どう考えても日本を叩くためだけのプロパガンダもあるだろうが、では、まったくやらなかったかというと、そうとも言い切れない。
親や親族から聞いた話では、戦時中の憲兵の冷酷さはハンパなかったようだ。また、軍に入ったものは上官から理不尽な鉄拳制裁を例外なく浴びせられている。そして、敗戦が色濃くなると、特攻だ。自国民に対し、非国民、敵前逃亡などと糾弾し、あげく爆弾抱えて死んでこいなどと強制する軍部が、国外において現地の人々に配慮などするわけがなかろうが!というのが僕のスタンス。
とはいえ、過去を正しく検証するのは不可能だろう。
顔を見るたび「謝れ」という韓国政府は稀代のアホではあるが、相手がどう出ようが関係ない。日本は徹底的に「良い人」でいようじゃないか。それが新しい人類としての一歩となる。
DSC07569.jpg

ニュータイプの時代

2019/8/9 金曜日

終日、打ち合わせ、助言など。

今週買った数冊の本はどれも当たり。
特に山口周氏の「ニュータイプの時代」は、この国のビジネスシーンの盲点を明快に突いている。
昨年末に出たジェレミー・ハイマンズ&ヘンリー・ティムズ共著「NEW POWER」と切り口が非常に似ており、ひょっとするとこの本からインスピレーションを経て、日本版的に山口氏が執筆したのかもしれない。
いずれ、オンラインサロン西瀬戸300の「起業家の本棚」でも紹介したい。
DSC07547.jpg
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR