fc2ブログ

一発もうってない人はオリジン(原種)である

2022/6/24(金)

午後、某大手カルチャーセンターに出向き、企画担当者さんにプレゼン。
なかなかに好評で、この10月より3ヶ月の新講座の講師を務めることになった。
これで、こちらでの講座は3つめとなる。

さて、世はようやっと、ワクチン接種をすることに疑問を持つ人が増えてきたようである。
なにしろまったく効いてない。ニュースにはなぜかならんが厚労省もデータ改ざんを認めている。
この件に関し、信頼できる2つのシンクタンクからの情報で2年前から「きわめて物騒なシロモノ」と判断。
また、時々マーケティング書籍を購入している国内最大手のマーケティング商材販売企業の社員ほとんど
うってないそうだ。彼らはこれが世界規模の悪質なマーケティングであることを見抜いているからだ。
というか、自分の体に入れるものが大丈夫なのかどうか自分で情報を集め検証することの重要性は
この度の抗がん剤治療により思い知っており、病み上がりでもあるし
また、プロフェッショナルの武術家にしてミュージシャンにしてアスリートである私は
慎重になって当然だと思うのだが、ニッポン人は全然そうではなかった。
特にロックミュージシャンたち。口では反体制のようなことを言いながら(オリジナル楽曲でもそのような感じ)
その実、ほとんど抵抗なしに接種会場へ列をなすことには驚かされた。
「打たなければこの仕事はやっていけない」との弁も耳にした。
果たしてそうだろうか。
最近、「春駒さんのSNSの警告を読んで打つのを思いとどまった」と明かしてくれた著名ミュージシャンも
何人かいた。
彼らだって大きな仕事してますよ(表向きには打ったことにしていたのかも?)。
アメリカでは軍の接種義務を拒み、十数万人の軍人がクビを選ぼうとしているようだ。
タイミング良く出てきたサル痘、AIDS、スーパー淋病(薬が効かない淋病)も
実は接種によって引き起こされたという有力な説がある。
さらにはその前兆が帯状疱疹だと。
これを読んだ親愛なる皆さん、どうか、4回目などゆめゆめ打たれませんように。
死んじゃいますよ。ほんと。

写真:ハイビスカスのラージサイズ、今年も開花。記録更新で直径17cm(^-^)/
DSC09805.jpg

SMARP(スマープ)を我が手に

2022/5/31(火)

午後、心体育道直轄道場へ。
で、ついにいただきました、廣原先生が考案し、自作された護身具
「SMARP(スマープ)」を。
「細ビキ」とよばれる登山用の5mm幅のロープを
等間隔に5箇所、コブを結びながら仕上げたもので
パッと見は、これがとても護身具には到底思えん。
だがおそらく、心体育道の師範レベルであれば手にすれば瞬時に理解するはず。
杖(じょう)や木刀などと同様、当流の術理がそのまま応用できることが。
そしてそれを操作した際に起こりうる凄みある事態も(笑)。
もちろん、使いこなすには修練が必要であるが
先生はそれすらYouTubeにて動画公開する準備を進めていらっしゃる。
なんかね、体の芯をかっと熱くさせる道具なのだ。
私もSMARPの素晴らしさを動画などで発信していきたい。
IMG_5042.jpg

抗がん剤治療終了から2年というひとつの山場

2022/5/23(月)

「抗がん剤治療終了から2年が大きな山場」と、主治医から言われていた。
で、ちょうど2年目となる先週の金曜、広島日赤にてCTやら血液検査など精密検査を受けたところ
、、、異常なし。
どころか、ドクターが笑ってしまうほど前例のない回復ぶりのようだ。
闘病中から過酷な鍛錬を積んできたので
ある程度自信はあったが、一区切りついた。
いろいろと解禁していこうと思っている。
IMG_4984.jpg

練習が楽しいという不思議

2022/4/11(月)

月末のライブに向け、当オフィススタジオにてベースの梶山シュウとリハ。
命を賭しての闘病体験か、はたまた能の謡の練習の成果か、
とにかくこの2年で私の歌い方、音楽との向き合い方は大きく様変わりした。
あきらかに違う自分がいるのだ。力みが抜けパワフルさも深みも増した気がする。
だから練習も楽しいからやる、みたいな。
以前は苦痛だったから。笑
IMG_4746.jpg

とてつもない伝統芸能との邂逅

2022/4/9(土)

午後イチ、市内某所にて能の稽古。
で、入門許可の免状をいただく。
入門から3年経つが、発表会の舞台(私は昨年9月)を踏んで初めて入門が認可されるようである。
とてつもない伝統芸能との邂逅。ラッキーだったね。
IMG_4733.jpg
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR