FC2ブログ

危ない橋を渡ってきた

2020/6/28(日)

スマホ内の録音データを整理していたオタマが
「ちょっと、これ」と。
それは、
Tクリニックのドクターによる
診察結果の説明音声だった。

昨年11月下旬、突如体調を崩した私は、
これが何によるものかさっぱり見当つかず
オタマの言われるままTクリニックへ駆け込んだ。
2、3の検査を受け
「結果は明日説明します」ということで
当然行くつもりでいたが、
翌日はすでにベッドから起き上がる気力も体力もなく
かわりにオタマが説明を聞きに行き
その際、スマホで音声も録ったと。

半年前のその10分間の録音データを聞いてみて、
あらためてT先生の洞察や指示の正確さに驚くとともに
もし、ここに行かず別の内科病院だったら
悪性リンパ腫であることを見落とし
別のガンだと判定された可能性もあったことが
こわいほど理解できた。
そうなると処置が遅れ
間に合わなかったかも、、、。
T先生がここを開業前
血液内科にいたことも幸いし、
「一刻の猶予もありません。
私の推測通り悪性リンパ腫だとすれば
広島赤十字が一番です。
私が紹介状を書くから即入院を」となったわけだ。

ほんとに一歩間違えたら命を落とす
危ない橋を渡ってきたんだ。
いろんなラッキーが重なって今ここにいる。
インディー・ジョーンズかダイ・ハードじゃん(‘~`;)
T先生にもお礼を言いにいかないと。
IMG_1798.jpg

闘病記番外編ファイナル

2020/6/27(土)

闘病記番外編その4。

命に関わることなので、
このことも伝えておかねば。

抗がん剤の投与が始まると
ほとんどの人がひどい便秘になる。
で、通じがよくなる薬を飲む。
薬をやめるとまた便秘、
そんでまた薬、、、
みたいなサイクルが続くと
水戸黄門さまに過度のストレスがかかるのか
かなり高い確率で「ぢ」になる。
私も治療の第1クールで
人生初の「ぢ主」になった(‘~`;)

このとき「恥ずかしいなぁ」と黙っていると
傷口から大腸菌やその他バイ菌が入ることもあり
免疫力の弱った体には危険この上もない。
白血球数がゼロだったりすると
ほぼ、死に至るそうな。
よって「ぢ」になったら
即ナースコールだ。
若くてチャーミングな女性看護師が
突撃命令を受けた特殊部隊のごとく
この薬を持ってニコヤカに駆けつけてくれるはず(^-^)/
で、2、3日で完治する。

どうだろう、
闘病記番外編の締めにふさわしい
episodeではないか?
これにて、ヂ・エンド(笑)
103530468_1806907829450860_7909643377414269053_o.jpg

「ふだんあって当たり前」のありがたさ

2020/6/26(金)

闘病記番外編その3。

トータル70日間の無菌室入院を含む6ヶ月の闘病生活は
「ふだんあって当たり前」が
いかにかけがえのないものであったかを
あらためて気づかせてくれる
得難い体験でもあった。
また、入院中、
多くの友人や仕事仲間、武術や能のお師匠さん、
思いもかけぬ著名な方からも励ましのエールもいただいたのは
なんとも力強いことでした。本当にありがとうございます。
世の中コロナ騒ぎが落ち着きませんが、
またぜひご一緒しましょう。
今後とも、末長くお願いいたします。

そして、妻よ。
コロナで面会が全面禁止となる3月いっぱいまで
雨の日も風の強い日も
一日も欠かさずチャリで見舞いに来てくれて
ありがとうござんした。
夕方、館内放送で面会終了時間を告げる
「遠き山に日が落ちて」が流れ、
トンチンカンなことをしゃべっていたキミが帰ったあとの
誰もいなくなった椅子を
ビニールの壁越しにひとり眺めるのは
なかなかにつらかったぞ(笑)。
104703433_1802664476541862_675468263482938630_o.jpg

看護師の子は親の背中を見て育つのだ

2020/6/25(木)

「受け身になりすぎないための闘病スタイル」番外編その2
~看護師の子は親の背中を見て育つ~

半年間の入院中、目を瞠ったのが、
看護師たちの献身ぶりである。
なかでも広島赤十字病院無菌室担当の看護師は
特殊な環境だからなのか、鍛え抜かれた精鋭揃いで、
しかも常に明るく接してくれた。

にしてもだ、
仕事とはいえ、ミスれば人の命に関わる
ハンパない緊張感の中で、
体液や時に糞尿の処理もせにゃならんし、
聞き分けのない患者に手を焼いたり、
機嫌の悪いドクターに怒鳴られることもあるだろう。
一生懸命看護して、
それでも救えなかった命とも日々向き合ってるはずで、
報われなさに落ち込んだりしないのか。
また、三交代制の過酷なシフトでは毎日が時差ぼけで
体内時計も乱れまくりではなかろうか。
さらに追い討ちをかけるように、
春あたりからは新型コロナへの厳戒態勢。
これで心が休まる暇はあんのかね?
っつーか、俺にはできん。

で、そもそもなんでこんな職業を選んだのか、
たいへん興味が湧き、いろんな看護師たちに訊いてみた。
返答を聴いて、グッときましたですよ。
若い彼ら彼女らのほとんどの母親が、看護師だったのだ。
「娘も今看護学校に行ってる」
というベテラン看護師もかなりいた。
想像するに看護師たちは家で
「この仕事の素晴らしさはね」など
あまり語りはしないのではないか。
ライター時代に取材した、
その道の真のプロフェッショナルたちは
世間一般が喜ぶような決まりきったコメントは口にせず、
ただひたすら、
一瞬一瞬に打ち込んでいる連中ばかりだったから。
だとしたら、やはり
「親の背中」を見ていたということか。
子供は親がしんどい時はわかる。
それでも仕事に立ち向かっていってるのも。
子供たちはひたむきな親の背中から
なにか大切なものを感じ取ったのか。
いや、私は言葉でもちゃんと伝えたい親でありたいが
今でもそういう非言語伝達法が生きているのだとしたら、
すごくイイ話と思ったのだ。
なわけで、あらためて感謝です。
あなたたちはヒーローっすよ。
(つづく)
102763962_1799314026876907_1315450695222974644_o.jpg

髪の毛が抜け始めたら即「バリカンで丸坊主」がオススメです

2020/6/24(水)

悪性リンパ腫闘病生活クロニクル番外編その1。
〜髪の毛が抜け始めたら即「バリカンで丸坊主」のススメ〜

一回目の無菌室入院の2日目に
抗がん剤の影響で髪の毛が抜け始めると、
すぐ看護師を呼んで
バリカンで丸坊主にしてもらったことは
episode4で書いた通り。

以前から「一度スキンヘッドにしてみたい」という
強い願望があり、ワクワクしながら刈ってもらったのだが
想像以上にエッジが効いた面構えとなり、気分が上がった(^-^)/
早速、自撮りして、
家族や病気のことを知っている音楽仲間に送信したものだ。

しかし、刈ってくれた看護師の話では
髪の毛が抜け始めた患者で
「バリカンで丸坊主」を所望するのは
意外にも3分の1程度とか。
特に女性は抵抗感があるようだが、
部分的に髪が抜け落ちたルックスでいるほうが
かえって切なくならないか。
また、毎朝、枕やベッドに抜け落ちた髪を
ガムテで拾う余分な手間も発生する。
丸坊主にすると、いろいろとラクである。
まず、当然ながら洗髪が必要ない。
濡れたタオルでふいておしまい。わずか数十秒。

特筆すべきは発熱時の優位性だ。
髪がないのでアイスノンがダイレクトに効く。
っつーか、効きすぎる。
また「冷えピタ」も、頭のどこでも貼り放題。
私は38度の熱が出た際、
おでこ、頭頂部、後頭部の三箇所に
冷えピタを貼り付けたところ急速冷却に成功。
その姿を見た主治医に
「あなたはがん患者のシリアスさがなさ過ぎる!」と
大笑いされたが。
それと、空気の微妙な変化が頭皮で感知でき
背後で誰かが動くとすぐわかる。
武術家としてレベルがあがった気にもなれるのだ(笑)。

そんな丸坊主の効用を、闘病記を随時綴っていた
Twitterにアップしたところ
フォロワーの女性がん患者数名が感化されて丸坊主にし
「頭だけでなく気持ちまでスッキリし、前向きになれた」
「どんなウィッグをつけようか楽しみが増えました」
「丸坊主姿が意外に可愛く自分が好きになった」など
喜びの声をメッセージで送ってくださった。
そう、女性はウィッグという武器が使えるし
女性のスキンヘッドって、
神々しくて素敵でカッコイイと私は思う。

さて、半年の抗がん治療を終え、寛解に至った現在
1日おきに髭剃りで剃らねばならぬほど
髪の毛もすっかり元気を取り戻しているが
抗がん剤治療中の厳しい体験を心に留め
我が精神を支える礎(いしずえ)としたく
今年一年はスキンヘッドで通したいと思っている。
(つづく)
103936071_1796817697126540_6059597238822821030_o.jpg
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR