NHKと広島県にメールを送る、、、悔しい梅雨明け、、、

2018/7/9 月曜日

終日諸々。新しくオファーのあった、ラジオドラマの台本読み込み。僕は4役担当。

さて、朝イチで、NHKと広島県に一刻も早い情報チャンネルの立ち上げをメールで要請。
広島県に送ったのは、以下のとおり。

いうまでもなく中四国は特に豪雨の被害が甚大です。私たちの広島も県内全域、被害状況すら把握できておりません。電気もガスも水もスマホも使えず、道路も遮断され、孤立無援のエリアが多いようです。
広島県知事は非常事態宣言を発し、県内外の意識の向かうべき方向性を明確に示すべきではありませんか?
また、孤立した被災者たちにはラジオのみ届きそうなわけですから、たとえばNHK広島のラジオで、道路、水、食料などを一律で伝える特別枠を県の働きかけで作れないんでしょうか?至急ご検討ください。どこで何人なくなったとかより、今は生き残った人への情報こそ大事です。人命がかかっています。早急にご検討いただきたいです。

以上。疑問を感じたり文句を言うのは誰でもできる。しかし、思いは直接届けなければ、ただのグチだ。

写真:広島、梅雨明け。この空の青さが今年は悔しく感じる。もう数日早く明けてくれていたら、尊い命が失われずに済んだろうに。
DSC06539.jpg

そもそも土砂で作られた街

2018/7/8 日曜日

豪雨災害の被害、さらに拡大。
4年前の、同じく広島での土砂災害をはるかに上回る規模なのではないだろうか。
現在我が家に避難している義母が吉浦在住のため、呉エリアの情報を中心に収集しているのだが(家は無事だが断水の関係もあり一週間は帰れないだろう)、どの放送局もどこで誰がなくなったとかばかりのニュースで、今実際に被害にあわれている方が欲する情報を一律で発信する災害チャンネルを立ち上げないことに苛立つ。
数年前、ある情報誌の取材で、広島県と、坂町の2つの防災担当者にインタビューした。
彼らはいずれも「防災に強い町」をPRしていたが、現在の状況を見るに、豪雨に対してはまったくのノーマークだったことがわかる(批判しているのではない)。
広島市からして「デルタの街」であり、それはイコール、膨大な土砂が堆積し、形成された地形であることにほかならない。
というか以前から、土砂災害警戒地域の数に関しては、日本で一番危険な県なのだ。
根本的に対策を見直す必要がありそうだ。
写真 12

広島全域が陸の孤島、、、逆さに吊るされた男、、、

2018/7/7 土曜日

一夜明け、TVで豪雨のもたらした惨状を見、言葉を失う。
昨日午前中、吉浦の義母を乗せて通った国道31号線の数カ所で土砂災害が発生し、吉浦を含む呉市全域が陸の孤島状態とか。
数年前、防災の取り組みを取材させてもらったことがある坂町は、丸ごと濁流にのまれている。
口田、馬木、本郷、三原、熊野、矢野、海田も水没や土石流被害が甚大。ここ南区でも丹那で山崩れがおきて一軒が倒壊。
行く手を阻まれ立ち入れない場所が多いということは、まったく現状が把握できていないということ。
というか、広島市ですら、高速も(ということは飛行場も)、鉄道も使えないなら孤島じゃん。
どうみても緊急事態であるはずなのに、夕方になっても県知事は非常事態宣言をしない。
どこで何人亡くなったという情報より、今、途方にくれ取り残されている人を救出すべきではないのか。

さて、余談。
占いは一切信じないのだが数日前、たまたまタロットカードの12番「振り子」のモチーフになっている「逆さ吊りの男」の解析書を読んでいた。
で、友人の作家、田口ランディさんの最新作で、これが表紙デザインにもなっている「逆さに吊るされた男」が思い浮かび、この主人公のモチーフとなったオウム死刑囚のH被告のこともふと考えた。
ランディさんは、H被告との文通が許されている数少ない民間人であり、数年前、彼女にH死刑囚からの手紙を読んでもらったこともある。
そして昨日、死刑が執行された7人の中にH死刑囚の名はなかった。

、、、逆さだから、吊るされても死なない。

勝手な解釈だが凄まじい符号を感じた。
そして我々の命もまた、振り子のように刹那の存在でしかないことを、あらためて思うのだ。
写真 2

フネを漕ぐがごとく

2018/7/6 金曜日

あり得んレベルの豪雨襲来が予想されるため、すでにワイパーが効かぬほど猛烈に降り出した雨のなか、午前中、吉浦の義母と忠犬ロコを我が家に避難させるべく迎えに行く。

で、夕方、ドロンジョさまこと椎名まさ子さん宅でのリハに向かう頃にはさらに強まり、1時間半後の帰宅時には、市内中心部のあちらこちらで冠水による大渋滞発生。
抜け道につぐ抜け道を駆使しても、普段15分程度の帰路に、なんと1時間近くもかかってしまった。
っつーか、運転中も「俺はフネの操縦しよる?」と思うほどの凄まじい水量で、対向車が起こす「波」で何度かハンドルを取られそうになった(‘~`;)
明日の朝、ニュースを見るのが怖い。

写真:最近ますます似てきた忠犬ロコと私。
ロコと私

富を求めず、ビンボーくさいことが美徳なのか

2018/7/5 木曜日

終日、プランニング、打ち合わせなど。

某デザインプロダクションより連絡があり「先日のプレゼン通りました」と。
これでコンペの連勝記録を再び更新。勝率は9割を超えた。人は価値のあるものを選ぶのであるから勝って当然。
もちろん、これもまたマーケティングの技術である。この原理原則に則れば、ほぼなんでもうまくいく。
最近、画家やミュージシャンなどアーティスト系の住人が「こっそり」相談を寄せてくることが多い。
ただ、もっと堂々と語り合っていいんじゃなかろうか。
前々から思っているのだが、シャイなのか頑固なのかわからんけど、あまりにもマーケティングの話を、しなさ過ぎ。富を求めず、貧しいことが美徳でもあるかのように。
ひょっとすると自分の提供するものが、そこまでの価値はないと認めているだろうか。
写真 8
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR