嬉しい月曜日

2018/5/21 月曜日

午前中、東京の出版社へ、絵本のラフを郵送する。
スキャニングしてデータで送ることもできるのだが、僕は物理的な「厚み」を大事にしたい。
どっかの大学の研究では、電子書籍より本の方が、記憶に残るのだそうだ。僕も電子書籍の内容はあんまり頭に入らない。
デジタル全盛の時代だから、余計に紙の本がリッチな体験となる気もする。
それにしてもだ。昔、好きなヨーロッパの作家が、書き下ろし原稿を自分の住む田舎町の郵便局から出版社へ送るときのワクワク感をエッセイに綴っていたが、「今、俺やりよるじゃん!」と。
なんか、めちゃくちゃ嬉しいぞ(笑)
写真 2

小林孝亘の絵に似ている音楽

2018/5/20 日曜日

終日、稽古指導、滑舌練習、絵本ラフの製本など。

昨夜は、音cafeLuckにて、友人であるBoggie Taizoのライブがあった。
いい意味でずっと変わらない男。青い芝生の上を、ポーンとテニスボールが跳ねていくみたいな。
本人は全然違うといいそうだが、小林孝亘の絵に似ていると思う。
DSC06403.jpg

新しい日課

2018/5/19 土曜日

終日、スケジュール調整。
来週は、ほんとにジェットコースターウィーク。自ら仕組んだこととはいえ、吹き飛ばされないようにせねばならん。

新しい鍛錬も。
絵本の物語部分だけではなく、いつか、自分で絵も描きたくて、基本中の基本としてドローイングを日課にしようと。
まずはしばらく、マイケル・マテジの手法を研究したい。
マテジ

スキだらけの世の中

2018/5/18 金曜日

終日、あれこれ。

忘備録。
デザインプロダクション在籍時代、大手広告代理店主導の広告制作システムに「詐欺じゃん」と心底うんざりし、マーケティングコンサルに転身したわけであるが、現在進行しているプロジェクトのひとつ(絵本ではないよ)に、その某大手が関わっている。
で、本日、関連するプロダクションから「某大手の意向によるスケジュールの変更」を知らされ、相変わらず反省の色無しなんだなと。
クライアントに対し「売ることを担保にした企画」ならば、絶対このようなことはしないし、必要もない。ま、そのうち淘汰されるだろう。
時代が大変革を起こそうとしている現代にあっては、世の中スキだらけ。
広告にとどまらず、それぞれのポジションで業界の慣習、内輪の理論に、どんどん揺さぶりをかければいい。なにもしないのは、もったいないよ。

写真:オタマのいたずら描き。俺もスキだらけか('~`;)
らくがき

天才は真夜中の海に小舟で一人漕ぎ出す

2018/5/17 木曜日

終日、絵本プロジェクト。
新しく加えたシーンは、文章のみとし「絵はこんな感じで」とキャプションで雰囲気を伝えるだけにしようと思ったが、結局自分でラフも描いた。正直、オレは天才ではないか、と思えるレベルである。出版の暁には原画展も絶対やりたい。

このプロジェクトを起動させたことを、ごく近しい者のみに話しているのだが「なんでいきなり童話作家?」とよく聞かれる。
ただやりたかったから、というのがひとつ。魂の声に従ったまでだ。
二つ目が、自分のゴール「地球上の子供達が未来に自由に夢を描ける世界の構築」に準拠しているということ。
で、このプロジェクトを「真夜中の海に小舟で一人漕ぎ出す」ごとく、人知れず始めた時、この世界がどういったものか、さっぱりわからないままだった(今もほとんどそうだ)。
最近、絵本クリエイターたちの生い立ちをいろいろ調べるようになって、案外似たように発作的にやり始めたアウトロー的な者が多いことを知った。
職業もさまざまである。っつーか、やりたい気持ちが優先し、気にならんのだろう。
一流のクリエイターや芸術家は、未経験の異分野へ踏み込むことを躊躇しない。壁をぶっ壊してなんぼ。掟破りのほうが断然面白いからだ。
芸術でも映画でも音楽でも、パイオニアはすべて異端。
写真 4

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR