FC2ブログ

受難を超えて

2019/4/18 木曜日

終日、コンサル。ここには書けん話いろいろ。

写真:数日前、火事になったフランスのノートルダム大寺院の内部写真。
不謹慎と言われそうだが、こんなにも荘厳で、慈愛に満ちた、美しい神殿を見たことがない。
これも勝手なイメージだが、キリスト教は「受難」というファクターあってこそ、その存在意義が強まる気がする。
D4UQd6BU4AEcVoE.jpg

容易い仕事でないから勇み立つ

2019/4/17 水曜日

新幹線で福山へ。そこからは代理店さんの車で、クライアントを2件ハシゴ。
詳細は書けんが、簡単ではない仕事を無事やり遂げることができた。
お困りごとこそ大歓迎。容易い仕事でないから心は勇み立つのだよ。
IMG_0464.jpg

高い質&テンション

2019/4/16 火曜日

昼イチ、とある放送局を訪ね、こちらが運営しているカルチャーセンターの担当者さんと打ち合わせ。
午後は当オフィスにてクライアントに助言。
その後は明日のweb製作のための出張取材に備えて、インタビューレジメを準備。
っつー感じで一日を振り返ると、すべてが異なる仕事内容であるが、高い質&テンションを保てていることに手応え。

写真:江戸時代のイラストらしい。つい最近描かれたようなタッチ(笑)。
ヘンな絵

NO 能、NO LIFE

2019/4/15 月曜日

昼イチ、市内某寺院のホールにて、能の稽古。
きょうでまだ、たったの3回目であるが、自分の未熟な部分がはっきり把握でき、また、それをどう克服すればいいかが少し見えてきた。
声も1回目と比べるとはるかにデカくなっている。
なにしろ毎日猛練習を積んでいるのだ。
前回与えられた課題の1ページを「はいどうぞ」という合図で独唱すると、杉浦先生、一瞬だけ「にっ」と笑い、「ではきょうは新しいところをいきましょう」と。
寸評も、直す箇所の指摘もなにもない。ただ、その「にっ」っつー表情に、すべてが凝縮されておる(笑)。
これは真剣勝負だじぇ〜。
ますますこの世界が気に入った。NO 能、NO LIFE!ってとこか。
IMG_0462.jpg

「主語」のない展示

2019/4/14 日曜日

終日、連載用の原稿執筆。
伝えたいことが多すぎて、なかなか文章がまとまらなかったが、夕方、無事着地。

写真:広島平和記念資料館本館が、この25日にリニューアルオープンを迎えるが、新しい展示プログラムを紙面で見る限り、古臭いというか、あいかわらずの文脈というか「心に訴えかける展示」には程遠く、
まったく本気さを感じない。
絶対不謹慎と言われるだろうが、僕ならユニバーサルスタジオジャパンでやっている「進撃の巨人」の3Dライブシアターのようなスーパー・バーチャルで、爆心地での被爆のビフォア&アフターを超リアルに体験できる施設を作る。
「原爆は戦争を終わらせるために必要だった」だの、「日本の軍国主義が結果的にこういう惨事を招いた」だの、寝言をいう連中に
「それなら、あんたもいっぺん爆心地で死んでみなはれ」と3Dゴーグルをつけさせハイテク臨場空間へ放り込むのだ。
で、すさまじい映像、音、振動による阿鼻叫喚の地獄絵図を、キノコ雲の下に身を置いて浴びてみろ、と。
VRといえど、あらかじめ心臓マヒをおこす恐れのある人は、事前の健康診断で把握し、体験させないようにすればいい。
戦争に正義もクソもない。
どこかの民族が取りわけて残忍なわけでもない。
人は、すべて等しく、戦争によって狂わされれば、遠慮なく殺し合う生き物。
その「業」を最新ハイテク機器を駆使して「体感」させるべきと思うのだ。
いつまでも「主語」のない展示をしていてはダメだな。
IMG_0459.jpg
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR