FC2ブログ

都会だって大自然の中じゃん、、、小松さんのメッセージ、、、

2015/11/17 火曜日

終日、エンヤートット。

来月、某企業にて、社員対象にマーケティングセミナーをやることが決まった。
参加者は60名程度とのこと。
この道のプロフェッショナルたちが、一匹狼で、知名度も低い私の声に耳を傾けてくれるなど、前代未聞。それほど、世の中が大変革を迎えようとしていることに強烈な危機感を抱いていらっしゃるのだと思う。
この10年で、規模の大小に関わらずあらゆる業態が淘汰されるだろう。けれどその一方、消え去った分、あたらしいビジネスモデルも生まれいずるわけであり、挑む者にとってはチャンスだらけとも言える。
コンクリートとアスファルトに塗り固められた都会に住んでいようが、表層を一枚はぎとれば、世はいまだ、平原、沼地、ジャングル、砂漠であり、圧倒的に「大自然」のままである。
私たちはそこに棲む、つかのまの生き物にしかすぎない。環境の変化に対応して、知恵を絞り、うまくいくまで諦めずに試みを繰り返すのは、本能に組みこまれた原初的意思である。田舎に引越して「自然に生きる」とのたまうだけが、ナチュラリストとは思わない。

写真:小松左京の中編集「ゴルディアスの結び目」におさめられた「岬にて」は、エンディングで総毛立ってしまった。博覧強記の面目躍如であろう。1975年に書かれたそうだが、まったく色褪せていない。こういう作品こそ、映画にしろっつーの。
で、小学校の頃、国語の教科書だったか、彼が子ども向けに書いたエッセイ「地図を逆さに眺めてごらん」にふれ、さっそく自分の部屋に日本地図を上下逆さにして貼って、そこに書いてあったとおり「何日か経過すれば、まったく見たこともない異国の地に見え出す」ことを実体験したのを思い出した。
固定観念に囚われず、視点を変え、見慣れたものを新鮮に見る。そんなイマジネーションこそ、人類がもっとも大切にすべきもの────小松さんの声が、文脈から立ち上ってくるのである。
岬
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR