FC2ブログ

スタンドバイミー、、、温冷浴、、、

2015/9/22 火曜日

午前中、海田の山中にあるオタマ方の墓掃除。
このシーズンの必需品が、スズメバチ応戦用の「バドミントンのラケット」だ。
通常は、
「襲ってきたら手で追い払ったりせず頭を低く下げ80メートル以上逃げる」
ことが推奨されているが、場合によってはそんなことも言ってられないわけで、このラケットが威力を発揮する。
僕はスズメバチの怖さをよく知っている。

中学2年の秋、友人3人とママチャリにまたがって広島市内から土師ダムへサイクリング途中、向原の峠で突然スズメバチに襲撃された。

運良く一人も刺されなかったが、自転車を放り出して逃げたためハチの巣すぐそばの自転車が1台だけ回収できない。

向原の警察署に助けを呼びに行ったところ

「ハチぐらいで、街の子供は大げさじゃのう!」
と
笑われ、半透明の雨ガッパとフルフェイスのヘルメットという今思えば有り得ない軽装で回収に向かったおまわりさん、離れた場所で見守る僕らの目の前で「トムとジェリー」のアニメでみたことある、黒雲のようなハチの軍団に取り囲まれ昏倒。
仲間のパトカーに転がりこむやサイレン鳴らして逃げ去った。俺らを現場に置き去りにして(笑)。

この事件は翌日の夕刊に載り、結局おまわりさんは数カ所刺されたものの、命に別条はないことを知ったと。

映画「スタンドバイミー」さながらではないか。

夜、バイブルのごとく一日一回は必ず目を通す、甲田光雄医師著「断食博士の西式健康法入門」を読み込んでいると、急に「温冷浴」がやりたくなり、さっそくトライ。お湯の風呂と水風呂に1分ごとに交互に入るというもので、水風呂がなくともシャワーで代用できると書いてあったのだ。
前にも書いたが、僕が小4の頃、当時競輪選手だったオヤジがレース前のメディカルチェックで、心電図に異常が見つかって登録抹消。それこそ藁にもすがる気持ちではじめたのが「西式健康法」であり、オヤジはこれを実践して半年で現役復帰を果たしたのだ。
西式の6大療法のなかで僕が毎日やっているのが「金魚運動」「毛管運動」「合掌合蹠」、残す3つが「断食」「温冷浴」「背腹運動」。
で、温冷浴だ。シャワーからはじまり、シャワーで終わる交互に合計9回。まだ夏が終わったばかりだからかもしれないが、なんとも爽快。これをやることで血液が毛細血管を一時的に通らなくなり、動脈から静脈へ血液が直接抜けるバイパス「動静脈吻合枝=グローミュー」が超活性を起こす。グローミューは植物性神経つまり、自律神経の75%を担う器官だから、ここが刺激を受けると必然的に潜在意識が開発されることにもなると。
なんでも一度やり始めると、たいてい数年はしぶとく続けるので、効果が楽しみだ。それと、心体育道直轄道場の特別メニューでしかやったことがなく、やり方がいまいちわからなかった「背腹運動」も、本で不明点が解消できたので明日朝からメニューに加えてみる。

写真:2年ぶりに、この中四国最大規模のライブハウスのステージに立つことが決まった。詳細はまた。
DSC05805.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR