FC2ブログ

嬉しすぎる誤算

2015/9/17 木曜日

ん〜〜〜〜〜、もう木曜日かい。4週くらい連続で驚いておりますな。

本日も、企画シートづくり、待機案件とその資料の整理、合間に、中断していたマイwebサイトの手直しを再開。

夕方、道場にて中2のYくん指導。
師範になって6年目。門下生が脱皮して別人になったかのごとく突然レベルアップするのを何度か見たことあるが、基本動作を終え、組手をはじめた時にそれはやってきた。
僕が攻撃側となり、道場を動き回りながら突きや蹴りをランダムに繰り出したなら、おいおい、よどみなく見事に捌ききってみせるではないか。それもステップ、ストッピング、受けなど、器用に織り交ぜながら。
オマエはほんまに、あの不器用だったYくんか?と訊きたくなったほど。とても青帯(7級)の動作ではないのだ。
嬉しすぎる誤算である。
稽古を終え、正座、黙想ののち正面に礼をして立ち上がろうとしたら、左脚に鈍痛。少年用キックミットを僕の脚にあて彼に「ヘシ折るつもりでこい!」と、下段蹴りを左右30本蹴らせたのだが、特に右のローは重くて強烈で、受け止めた僕の左脚がダメージを食らっていたのだ。
這えば立て、立てば歩め。これからの成長を勝手に夢想し、思わずニヤけてしまう。このまましっかり稽古を積んでくれれば、最強の警察官(彼の夢)になるだろう。

写真:左の小さいのが少年用キックミット。
DSC02306.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR