FC2ブログ

身を超えてこそ浮かぶ瀬もあれ

2015/8/19 水曜日

朝からエッサホイサ。
うまくいったり、いかなかったり。けれど、全案件、うまく着地できるとブレなく思える。というか、うまくいくまで諦めない。

ある件について、親族から相談を持ちかけられていたのだが、本日ふと、妙案が思い浮かんだ。
「それ」に投資して10年以上の契約とすれば、最初の5年はプラマイ0返済、残りの5年以降は返済分がそっくり純利益となることに気づいた。渋チンの銀行もこれなら気持ちよくカネ貸してくれるだろう(笑)。
7、8年前は「身の丈に似合った生き方がベスト」そう長らく信じて疑わなかった。しかし、現在の「身の丈」など、本人がいくら望もうとも社会の変化や不慮のアクシデントによって実にあっけなく脅かされるのである。
また身の丈を意識し過ぎると保身に執着するあまり、自己評価を下げ、新しいことにチャレンジできなくなる。著名人でも「身の丈」信奉者に、皮肉屋だったり、ボケだのクズだのと他人や社会を口汚くののしる者が少なくないのは、自分への苛立ちや恐怖心からきているのだと思う。身の丈であることに真に満足しているなら、良寛和尚のごとく常に朗らかでいられ、他人がなにしようが気にならないはず。完全なる自己矛盾だ。
で、僕は遠慮なく背伸びすることにする。
望む未来を照射し、身を超えてこそ浮かぶ瀬もあれ。
DSC02051.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR