FC2ブログ

風のカーニバル、初陣

2015/7/25 土曜日

北広島町の八重管絃祭に、水木ツン(パーカッション)、和田八美(ピアノ、ボーカル)と組んだ新しいユニット「風のカーニバル」で出演。
管絃祭といえば厳島神社であるが、こちらの「山の管絃祭」も、その流れを汲むものらしく、100年の伝統を誇るのだとか。
「陸船」なる電飾に色どられた3隻の巨大な神輿が、向かいの通りを行きつ戻りつ練り動くシュールな光景を眺めながら、特設ステージにて30分演奏。
はっちゃん(和田八美)とは、昨年秋の音cafe Luckでいっしょにワンマンをやってから2度目の共演、彼女とツンちゃんは初、、、のはず。
しかもこのイベントに出るにあたり、一度もリハをやってないにも関わらず、もう何年も一緒にやっているかのような絶妙かつ強烈なグルーヴ。またいいところではっちゃんのコーラスが絡んできてサノヨイヨイ。
いやぁ、楽しめました。

終了後、地元の方から「こんなスゴイの見たことない」との声を多くいただきひと安心。千代田の工場で働いているブラジル人男性からは「故郷の<リオのカーニバル>のノリに近くてコーフンした」とも。「CDちょうだい」との要望もたくさんあり、早急に音源を用意する必要性を痛感。
「風のカーニバル」好発進。

写真:グループサウンズで活躍した「ベアーズ」の元メンバーで構成される「モノトーンズ」のリハ風景。ライブは夜だったが、リハ時はこのように遮るもののない炎天下で人も楽器もキツかった。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR