FC2ブログ

脳の護身術・第3期スタート、、、AKIBI、、、

2015/7/14 火曜日

夜、国泰寺の毎日文化センターにてグループセミナー「脳の護身術」第3期スタート。
嬉しいのは、第2期の修了生で継続受講を申し出た方が一名いたこと。「脳の護身術」は、一期ごとに内容を見直した上で大幅にバージョンアップしているので、毎回新しい知見を得られると思う。というか、このやり方はアリなんだと僕自身が気づかされた。

さて、講座終了後は、ライブハウス「ジャイブ」の新企画「AKIBI」に出演し、パーカッショニストの「のっち」とのタッグで30分演奏。「AKIBI」とは、ずばり「空き日」。スケジュールの入ってない空き日を有効利用し、複数のミュージシャンの見本市をやるという前向きな企てだ。このようなライブハウスが音楽シーンを育てるのである。
僕は自分のソロライブでは「投げ銭」方式は絶対とらないが、このイベントは新しい出会いの場であり、まずはフロントエンド、つまり「お試し的」に気軽にお客さんに立ち寄ってもらうにはベストであると判断し、今回はこの条件を快く引き受けた。
実際、かくいう自分も、僕の前に(僕はラストだった)ピアノの弾き語りをやったEarsy(アーシー)という女性シンガーの存在を知ることができたのだ。ポップなメロディや声の流麗さに加え、とにかく歌詞が素晴らしい。昨年の広島豪雨災害をモチーフにした可部線の歌など、ローカルなモチーフでありながら、すごく洗練されており、激しく共感。意味不明な抽象表現に逃げず、かといって過度な説明はせず、とつとつと情景に対峙している姿の粋なこと。
それにしても、ここ数年、グッとくる日本のシンガーソングライターは、柴草玲、Qoonie、鈴木亜紀、高満洋子、城領明子と、女性のピアノ弾き語リストが圧倒的に多い。

写真:ドイツ製オーバートーンフルート「フトゥヤラ」の爆吹に、チビッコも大コーフン(笑)。
11755216_804637506301088_1046911067368526042_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR