FC2ブログ

習慣のリバウンド、、、毎日文化センター広島「脳の護身術」第3期生募集、、、

2015/6/18 木曜日

終日、マーケティング、資料の読み込み、数人のブレーンへのサポート依頼など。

数ヶ月前「数あるタスクを大きく3つのジャンルに分け、決まった時間帯に振り分ける」ことを宣言したはずだが、気がつけば完全に崩れているではないか。
オクターヴ・メソッドでいう「習慣のリバウンド」である(笑)。これを封じるには、物理的に環境を替えるのが効果大。
早速、その作業に着手す。

それと、お知らせです。
毎日文化センター「脳の護身術」の7月から始まる第3期生の募集が始まっています。
そんなわけで、本日会員に送信したオクターヴ・メソッド無料メルマガ「おきろ、でかけるぞ」の「初夏増刊号」の内容を以下に添付。来週火曜日に第2期生の最終講座を迎えるわけだが、1期2期とグループ講習を半年やってみて、内容に確たる自信を持つことができた。
書籍も「オクターヴ・メソッド概論」ほか、ビジネス、人間関係、願望達成、表現力アップなど、各ジャンルに特化した内容で出せそうなほど、体系化ができつつある。
この機会に是非。これは効く。マジで使える。

~「洗脳大国ニッポン」に住んでいるあなたへ~
「引き寄せる力」を強化し「今そこにある危機」を回避する能力を、3カ月で獲得しませんか?

いよいよ、オクターヴ・メソッド・グループ講習「脳の護身術」第3期生募集開始!!
■「引き寄せる力」を誰でもカンタンに獲得する法
先月31日、BSをつけると榎木孝明さん主演の映画「半次郎」をやっていました。
モデルとなった薩摩藩士、中村半次郎は、日本最強の斬撃剣法「示現流」の使い手として、僕もその名を知っていましたが、榎木さんが、劇中で示現流の構え「蜻蛉(とんぼ)」から凄まじい打ちおろしを決めてみせたとき、彼が、ただ演技のためだけに付け焼き刃的に習得したのではないレベルであることがわかりました。
ネットで知らべてみると、榎木さんは鹿児島出身でご自身も幼少時から示現流を修練されており、達人級の腕前を持っていらっしゃるとか。
同じ武術家として彼に強い興味を持つと同時に、いつものように、まったく根拠なく「彼には近々会って話ができるだろう」と確信しました。
そしてその1週間後、神奈川県鎌倉市の某画廊で、僕は本当に榎木さんと会い、お話をさせてもらうことができましたのです。
その様子はこちら
あなたは「どうせ偶然だろう」と思いますか? 
僕は、脳の領域を広げ、潜在意識を覚醒させる方法を研究し始めた30代前半から、このような「望んだことが実現する確率とスピード」が飛躍的に高まりました。
書店の自己啓発の棚にいくと「引き寄せの法則」なるタイトルの書籍が数多く並んでおり、その内容の大半はスピリチュアル系だったり風水だったりしますが、僕の考える「引き寄せの力」とは、きわめて明確な物理的作用によるものであり、誰もが習得可能です。
簡単に言えば「引き寄せの力」とは、自分の望んだことに対して「やっていい」と躊躇や疑いなく「許可を与える」ことができる能力のことです。
その開発方法を3カ月かけてレクチャーします。

■「報道の自由度ランキング」驚愕の結果
パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が、先日発表した、「報道の自由度ランキング」の結果をご存知ですか?
「国境なき記者団」の活動目的は、各国のメディア規制の監視と警告。日本の「記者クラブ制度」を「排他的で報道の自由を阻害している」と批判しているほか、福島原発事故、秘密保護法にも政府情報開示の不透明さを指摘しています。
この組織が、世界180カ国を対象にした今年の「報道の自由度ランキング」。世界トップ3に入る、経済大国ニッポンは、な、なんと、、、、
「61位」。
この結果がすべてとは言いませんが、私たちは「しがらみだらけ」「ウソまみれ」の社会に生きている、と納得し、背筋が寒くなった方も多いのではないでしょうか。
なるほど、著名人のスキャンダルやお笑い芸人のチープなネタ、家具屋の父娘のお家騒動、ゆるキャラがウンヌンなど、巷にあふれているのは、どうでもいい話題ばかり。この風潮を受け入れ、疑問を抱くどころか好んで目にする多くの国民が、すでに洗脳されているといっても過言ではないでしょう。
僕はNHKBSでワールドニュースを見るのが日課ですが、アメリカ、ロシア、スペイン、ドイツ、フランス、ロシア、アルジャジーラ(カタール)等で報道される内容と比べた場合でも、日本のそれの圧倒的な「差し障りのなさ」「視野の狭さ」には、悪意すら感じることもあります。
けれど、望むと望まざるとに関わらず、これからは「知らなかった」「関心がない」では済まされない事態が次々と迫りくるでしょう。そして気付いた時には、すでに逃げ道はないのです。

■「気付ける頭」で、危機を察知し適確に回避する
「逃げ道はない」と書きましたが、そこに至る以前の有効な回避策は存在します。信頼のおけるメディアから鮮度の高い情報を得る?たしかにそれも重要ですが、もっと根本的な策があります。
それは、「自分の脳の<域>を広げておく」ということ。これを「オクターヴ・メソッド」では「オクターヴをあげる」と表現します。ホイットニー・ヒューストン、マライヤ・キャリー、サラ・ブライトマンなどディーヴァ(歌姫)と呼ばれるシンガーは、皆、5オクターヴとか6オクターヴとか、圧倒的な声域を誇っています。実際、声域を広げると自然と歌がうまくなります。
「オクターヴ・メソッド」も同じ原理です。たとえば、あなたの脳が通常認知している現オクターヴ=域に、外部から、それ以外の<域>のタスクを要求された場合、反応は以下の2パターンです。

1:脳は「処理できない」と判断し、強いストレスを感じる。
2:反応以前に、認識できない。ストレスもないかわりに、その重要性も判断できないわけですから、格闘技で「見えない角度や反応できない速さで放たれたパンチをくらってKOされる」のと同じで、危険な状態には変わりません。

そこで、脳の域=オクターヴを拡充して、危険を察知する、あるいは想定外の事態に適確に対応できる能力を獲得しましょう。この実戦的エクササイズを学べるのが、毎日文化センターひろしまで7月日より開講する、3カ月グループ講習「脳の護身術」です。
3カ月でレクチャーする項目は以下の通りです。

「脳の護身術・セミナー内容」
ストレス発生のメカニズムを知ろう/言葉の呪縛「コントロールトーク」の防ぎ方/「今そこにある洗脳」の見きわめ方/強固な思い込みにゆさぶりをかけマインドブロックを取り除く8つの新習慣/スピード脳を実現する10分ルール/あれもこれもと忙しい中でも高い集中力を得られる45分ルール/自分の評価を高めるハイ&ロー思考/根性不要の願望達成術「セルの法則」概論/もとの自分に戻ってしまう思考のリバウンドから逃れるには/引き寄せる力の獲得
、、、、などなど、盛りだくさんです。

■たった3カ月が一生モノとなる!
僕は、ほぼ反則ワザのみで構成された「超護身・心体育道」の小林道場師範もつとめていますが、この武術の「実戦で使えないものは存在価値がない」「武術は力の劣る者が力に勝る者に負けないためのものであらねばならない」という絶対的理念は、「脳の護身術」に、そのまま活かされています。

脳をストレスから防御するだけでなく、ビジネス、願望達成、自己ブランディング、対人コミュニケーションなど、すべてのシーンに応用できる高い汎用性。
忍耐や根性不要の楽しいエクササイズ、
約3カ月でメソッドを習得してからも10年20年とつづく効果の持続性&発展性。
一年以内をメドに電子書籍にて、このメソッドの高い価値を世に知らしめたいと考えており、そうなったあかつきには講習料もグッと跳ねあがる、、、かもしれません。
そうなる前に(笑)、ぜひ受講されてみてはいかがでしょう。当オフィスでのマンツーマンと比べ、グループコーチングならではの格安料金。
また「脳の護身術」修了者には、オクターヴ・メソッドのプロフェッショナル向けプログラム「願望のオクターヴ/セルの法則」と「表現のオクターヴ/ダヴィンチ・エフェクト」の受講資格も得られます。
たった3カ月で自分の脳の「音域」を広げ、文字通り人生を謳歌できたら、あなたはなにをしたいですか?また、どんな願望を引き寄せたいですか?今から考えておいてください。

■こんな方におすすめです
*ストレスがたまりやすい
*なにかにつけ疲れやすい
*仕事や人間関係で問題を抱えている
*体調が優れない
*毎日が平凡で面白味がない。行き詰まり感がある
*自分に自信が無い
*自分のやりたいことがみつからない
*やりたいことはあっても、方法論がみえず行動に移せない
*自分のクリエイティビリティを開発したい、あるいは高めたい
*自分のセルフブランディングをしたい
*毎日ドキドキ楽しい気分で一日をスタートさせたい
*自己啓発本を読んだりセミナーに参加しても役に立たなかった

などなど、かなり簡単に解決できると思います。
「散歩のついでに富士山に登った人はない」という箴言がありますが、それ以前に「富士山に登ると決心する」ことが大事なのです。
毎日文化センター広島で開講する「脳の護身術2」の受講〆切は7月13日です。教室とあなたとお会いできる事を楽しみにしております♪

*7月14日(火)毎日文化センター広島グループセミナー「脳の護身術」第3期生募集詳細
■7月~9月の第2・4火曜/19:00~20:30 (計6回)
■受講料/3カ月18,360円(別途テキスト代1000円)
人間関係、仕事、生活環境など、日常の強いストレスの中で「勝つ」ではなく「負けない」スキルを伝授。半永久的に使え、願望達成にも役立つ、努力不要の実戦的なメソッド、2015年バージョン!!

お申し込みは、毎日文化センターまで。
*〆切は7月13日(月)。
電話/082-245-1414
受付時間/10:00~20:00(日・祝除く)
DSC01505.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR