FC2ブログ

人生の両輪

2015/5/5 火曜日

午後、ひろしまフラワーフェスティバルの「バラステージ」にて、太鼓打ち雷男と心体育道のコラボ演武「ザ・雷武」。僕は兄弟子Yクンとのタッグで型と組手を披露。また、小林道場から参加のIさんとも組手(やられ役)を。
彼女は現在、緑帯だが、術理を適確に吸収しており、その成果が見て取れた。
夕方からの打ち上げの席でも、Iさんを高く評価する声がたくさんいただけ、師範としては嬉しい限り。

で、楽し過ぎる宴の席で8時を過ぎたあたり、あることに気付く。今夜、竹屋町のライブスポット「音cafe Luck」の3周年イベントに出演する予定になっていたことを(笑)。
この時点で相当飲んでおり「演奏前は絶対飲まない」を信条としている僕としては、一瞬リタイヤも考えたが、約束を反古にすることのほうがもっとマズイ。
ウコンやお茶を大量に流し込んで2時間後、演奏できるレベルに回復したので音cafe Luckへ。フトゥヤラで2曲、リゾネーターで2曲演奏。
ここのマスター、コウタくんの父君であるフミオ氏が「いやぁ、優しくなったねぇ!」と言ってくれた。彼は巷では名の知れたギタリストで、僕が広告業界に入った20年前あたり、一緒にユニットを結成していた時期がある。
そんな彼から「曲も歌も素晴らしい。また一緒にやらせてよ」と。
敬愛するミュージシャンからの最大級の賛辞。喜んで。

武を舞い、音を奏で、コトバを歌う。これが僕の表現者としての数十年来の両輪だ。それを再確認できた一日。
11000543_1640209482864929_7253775200185626557_o-1.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR