FC2ブログ

ひれ伏す私

2015/3/23 月曜日

午前中、雑務。

午後より、道場にて「皆実町ダイエット部」2コマ連続で実施し、計3名指導。
長年研究して来たセルフコーチングを「思考」「身体」「願望」「表現」の4パートにわけ「オクターヴ・メソッド」という名称で体系化して一年。
「ダイエット部」は、その中の「身体のオクターヴ」の簡易バージョンではあるが、通常のダイエットが単に「カロリー消費」であるのに対し当ダイエット部は脳と身体の「覚醒」に特化しているので、続ければボディメイキングはもちろん、さまざまな潜在能力が開発される。
腰痛ほか関節痛など予防にも効果あり。

さて、昨日のオペラのつづきを書きたい。
きょうは歌ではなくオケ部分(昨日の独唱部分のアルペジオは「レチタティーヴォ」というらしい)。
オタマ含め、オーケストラは広島のミュージシャンで占められていたが、意地悪いほど変則的なキメが連続で繰り返されるパートが何カ所もあり、大人数が一糸乱れず平然と演奏し切ったことに唸ってしまったのだ。
それがクラシックミュージシャンの役割だろ、しかも指揮者もいるじゃないか、と言われればそれまでだが、なんといいましょうか、彼らと比べてみて、ポップス、ロック、ブルースをやっているほとんどの人たちは、やっぱり圧倒的にヘタクソ過ぎなのである。もちろん自戒の念も含めて。
一方、随分前、梶山シュウに借りたDVDで見た、アフリカのどっか奥地で、普段は「牛飼い」をやってる農民達による手づくり楽器(すべて姿カタチが違う)の演奏が、響き、旋律、グルーヴすべて、ベラボーに素晴らしかったことも衝撃的だった。
強引に結論づけるなら、アフリカの連中のような、DNAレベルの音楽的感性&素養を持ち合わせていないのなら、せめてクラシック連中並に練習せえと。
はは〜、と、ひれ伏す私であった。
DSC00763.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR