FC2ブログ

裏の捌き

2015/3/13 金曜日

午前中、当音楽スタジオにて、「脳と身体の超オクターヴ活性」のマンツーマン講義。
本日は座学オンリーでエクササイズはナシ。すべての修練に言えることだが、ただ漫然と言われた通りに体を動かすのではだめで、何の目的でやるのか、どういうしくみかを理解して取り組むのが肝要。畳一枚分のホワイトボードはたちまち文字や図でいっぱいとなり、消してはまた書くを繰り返す。

気功、ヨーガ、その他諸々、それぞれのメソッドの目指す部分は共通項が多い。気功でいう「気」は、ヨーガでは「プラーナ」だったりする。要するにアプローチの仕方の差で、頂上は同じなわけだ。
体系化にあたり、昨年までは新参者の立場からやや控えめにしていたが、時には著名なスポーツトレーナーのジムを見学させてもらったりして既存のエクササイズと比較検討を重ねたところ、心体育道では「裏の捌き」と位置づけている強健術、さらには同じく廣原先生が創始されたノーモーション筋トレなどが、どんだけ優れたメソッドであるかを再認識するばかり。これはもう遠慮はいらんなと。
超実戦、つまり生きるか死ぬかの極限状態を常に想定している心体育道には「なんとなく効いたかもしれない」などというような曖昧なレベルのエクササイズは存在しない。
強烈に効く。しかもわかりやすい。
「脳と身体の超オクターヴ活性」とは別に、先週金曜にスタートした「皆実町ダイエット部(仮称)」も、参加した某女性いわく、「一週間で腹筋にスジが入りはじめた」とのこと。
器具は不要、場所もとらず、短時間で効果があるから、やらないテはないだろう。
おっと、昨日の日報と同じオチでしたな(笑)。

写真:我が家の桜桃、開花。
桜桃
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR