FC2ブログ

いずれは「神経の時代」へ

2013/6/7

午前中、道場にてIさん指導。

午後より、執筆業務。
その間、新規オファー2件。
5月14日の当屈折日報に「ヒンズー教でいうところの<スードラ>に追いやられていたコピーライターであるが、そのうち形勢逆転する」と書いた。
あれから一カ月も経っていないが、オファーの内容は、それを証明していた。クライアントは耳障りのよいだけの曖昧なコピーは敬遠し、はっきり&くっきりと「伝わる文章」を求めはじめている。
というか、キャッチ一発で決まるような大味な広告媒体が意味をなさなくなったからだろう。

90年代から2000年代までの20年間は「視覚の時代」だった。これからはしばらく文字やコトバの時代だと思う。
さらにそこから先は「神経の時代」が始まると予測する。デジタルデバイスも、より直観的というか、たとえば声に出さずとも意識を向けただけでデンワやメールが発信できるものが出るだろう。インターネットが「インナーネット」化するのだ。
そんで、どうなるか。
、、、、わかりましぇん(笑)。
ただ、その頃になると、人類はモノではなく、内面の充実にこそ、価値を見いだすような気がする。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR