FC2ブログ

未体験ゾーンふたたび

2015/2/14 土曜日

午前中、宇品の心体育道直轄道場にて、ノーモーション筋トレクラスに参加。
今年に入ってから自主筋トレの量を昨年の3倍近くやっており、やや余裕の面持ちでの受講となったが、考えが甘かった。
我が師、廣原先生の新しく考案された、ピクピク運動で悶絶す(笑)。
まず、フルパワーで力を出しておいてから50%に下げ、すぐさま70%、そしてまた50%と、出力を小刻みに、まさに「ピクピク」とリズム感よく上げ下げしたなら、未体験ゾーンの煮えたつような強烈な刺激がおこり、肉体はたちまち悲鳴を上げるのであった。
刺激の浸透力もさることながら、この方法の素晴らしいところは、常に力を調整することで神経系が強化されるところではないだろうか。
体を固定した状態で重いウエイトを使ったトレーニング方法はデメリットの方が大きいことを実体験から言える。
一方で、昔の剣豪がやっていなかったという理由で筋トレそのものを無用視する考えにも僕は添えない。
なぜなら、筋トレをやると細かな細胞や神経(電気系統)が覚醒するからだ。血流が促進され、免疫力もあがる。自重を利用し、高密度な筋肉をつくり、柔軟性や連動性をも強化するノーモーション筋トレは、ベストである。時間も器具も必要ない。

午後は、当道場にてIさん指導。

夕食後、執筆に取りかかり、某季刊誌の1ページ分原稿(8コンテンツ)をプロダクションの送って来た初見の資料(URLがはってあるだけ)をチラ見しつつ、2時間でアップ。文字数にすれば1350文字(下の写真)。
やり切った感のある一日。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR