FC2ブログ

2分の1成人のキミへ

2015/1/12 月曜日(成人の日)

午前中、雑務。

午後より執筆。夕方より、筋トレ、練功、歌い込み。

先日書いたように、今年からスケジュール管理用に「小宮一慶のビジネスマン手帳」と「yPad 5」の2つを併用している。
で、「yPad」の小型版「yPad S」があるのを知り、本日セガレに買ってやったら、イマジネーションを刺激されたようで嬉々として書き込みまくっていた。
通常、人は直線的に考え行動する。だから複数のことに手が回らず「時間がない」と口にする。
「yPad」は、このシリアル思考を脱却するのに最良のツールである。
まずは、この手帳の最大の特徴である「ジョブ・タスクチャート」に「やるべきこと」「やりたいこと」「こうあってほしいこと」を並列でズラッと書き出す。このとき「実現可能」かどうかは無視する。
やりたいことに関しては、もうこれだけで気分が高揚するし、「やるべきこと」も細かく解体するうち攻略法が見えてきて「なんだ、やれるじゃん」と向き合う意欲が沸いてくる。
「方法論が見えない」場合、見えないまま放置しているのが原因である。これも手を使って脳を刺激しながら「書き出す」から良いのだ。

スマホにすべてのスケジュールを打ち込んで、それでヨシとする同業者を何人か知っているが、書き込んだ時点で安心するのか、打ち合わせの日を間違える人が案外多い。また、スマホは現在認識していること以外のこと、特に未来のビジョンなどは記載不可。よって、見えない領域にあるはずの可能性に意識が及ぶことはゼロで、結果的に現状維持か延長線上の仕事しかできないと見ている。
これら、スケジュール管理、未来ビジョンの構築、「セルの法則」を利用した願望達成術などの相関性は、いずれなんらかのカタチで示したい。
今月、学校行事「2分の1成人式」に参加する10歳のセガレには、「今オマエがこうしたいと考えることはすべて叶えられる」と言っている。ほんとだよ。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR