FC2ブログ

たとえるなら「ワルキューレの騎行」

2014/12/28 日曜日

昼、基町クレドホールの「クレド DE ライブ」に出演。
広島のミュージシャンが一同に集結するこのイベントには、昨年もパーカッショニストの高木美佳さんとのデュオで出たのだが、今回の相方はオタマ。
ヴァイオリンに決めた時点で、僕の頭の中では面白い旋律が同時多発的に鳴り始めた。その思いつくままを僕が口で歌い、オタマが瞬時にとらえて奏でるというリハを数日前から入念に繰り返したことで、シーンや心情を喚起させるイントロやリフを随所にうまく織り込んだ、ウクレレとヴァイオリンの絶妙なアンサンブルをものにし、自身満々で乗り込んだ。気分はワーグナーの「ワルキューレの騎行」である。

セットリスト
「空蝉」>「風炎」>「その男ヨシオ(ここより3曲withヴァイオリン)」>「向日葵」>「雨のラブホテル」

何を足すかではなく、なにを足さないか。このグレードをわかる人は少ないかもしれない。いや、それでも今日はかまわん。ライブ終了後、楽屋に戻る途中「ざまあみろ!」というセリフが自分の口から飛び出して驚いた。おそろしく精妙で高度なことをやってのけたという達成感に全身がうち震え、この後、一日中興奮が収まらなかったのだ。

写真撮影はチエちゃん。同じ4弦ながら、まったく違う世界観を持つヴァイオリンとウクレレの持ち味を充分引き出せたと思う。というかウクレレという長閑なネーミングの響きに最近抵抗がある。「4弦ガットギター」と呼ぼうかな。
10364153_757795527648261_6575186029030883854_n.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR