FC2ブログ

間違っていると言われてもいい

2014/12/17 水曜日

目覚めると、一面の銀世界。南区で積雪約7センチ。
10年近く前、当時住んでいた段原でもこれくらい降ったことを思い出した。
あれからいろいろあったなぁ、などと感慨に浸っている場合ではない。午前中はRCCにて、レギュラーTV番組のナレーション収録があるのだ。
車はスタッドレスをはかせてないので諦め、タクシーを呼ぶことにしたが、電話がまったく繋がらない。やむなく、ぬかるむ道を電車通りまで歩いたところで、タイミングよく空車と出くわし収録10分前にRCC着。やれやれ。

さて、鶴見町の音cafe Luckで、はっちゃんこと、和田八美さんとやったライブ「音楽の越境者」をやったのが先月15日。
これを、以前某大企業のPVを一緒に作ったことのある映像クリエイターYくんに3カメを導入して撮影してもらっていたのだが、第一部の中から良いテイクを選んで編集し、2日前に「雨のラブホテル」を、そして、昨日は「はてのうるまの祈りうた」を、YouTubeに順次アップ。
で、なんと「雨のラブホテル」は、たった2日間で180アクセスを突破。ギャラ(わずかですが)を払ってでもYくんに頼んで正解だった。
現在、第二部から数曲選び、編集作業中。
ティンホイッスルでやったインストの新曲はけっこうミスりながらも、面白いので公開したい。
もう、漫然とはライブをやらない。ちゃんとマーケティングをやっていく。

僕は現在、さまざまな業種のマーケティングを引き受けているけど、頭が柔軟なマーケッターに「業界」などという枠組みは存在しない。クライアントによっては「うちの業種は違う」とか「ちょっと特殊な業界」とかおっしゃるのだが、相手がクマやゴリラでなく人間である以上、効果実証済みのマーケティング手法を使えない理由はどこにもないと考えておるのです。
世界一の現役マーケッター、ダン・ケネディも言っている、
「本当のマーケティングのアイデアは同業種の事例の中にはない」と。
逆にいうなら、その業界にドップリいると「気付けなくなっている」危険性が高いのだ。
音楽も同じ。一発必中は有り得ない。また前例や慣習なども意味を持たない。
勇気を振り絞り、失敗や嘲笑を恐れず、しぶとく大胆にテストと改善を繰り返していけば、未知なる地平は、自ずと開けるはずだ。
成果を出している連中は皆、その業界で誰もがやろうとしなかった「間違った行動」で結果を出している。だから僕は、最初は間違っていると言われても全然かまわん。
DSC00098.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR