FC2ブログ

GALLERY SPACE 5.15、、、さよならプラットホーム、、、

2014/12/13 土曜日

終日雑務。

夜、廿日市のGALLERY SPACE 5.15にてピアノマン、リクオくんのライブ。
JRで廿日市駅下車、そこから線路沿いに東へ徒歩10分なのだが、脚を一歩踏み入れてびっくり。長閑な住宅街に、ヨーロッパの古城を前衛アーティストが改築した?というような尖りまくった空間。
それでいて絶妙にバランスがとれているのだ。名前に「GALLERY」を冠すのもうなずける。
きけば、マスターは草津にブティックも開いており、10年に渡りオリジナルファッションを発信しているのだとか。店内にさりげなく飾ってある冴えたシャツ、ジャケット、シューズなども商品の一部で、価格は1万〜10万円台。アンプ類もさりげなくビンテージクラスで、店の前には2台のハーレイも「展示」されていたりする。
うーむ、かっこいい。
ただ、生ビールを注文したのだがグラスではなく、使い捨ての透明アクリルカップだったのが唯一残念。これも非日常感演出の一部なのかもしれぬが。
と、時間となり、登場したリクオくんも、早速こちらの黒地に白のドットシャツを着ているではないか(笑)。
初の廿日市公演なれど、ほぼ満席。カウンター席には80前後とおぼしき男女が2組いたのだが、リクオくん、しっかりノセてる。さすが。
打ち上げには参加せず、また駅まで行ったはいいが、時間を確認しておくべきだった。
ここは廿日市。
上りの22時台はわずか2本。うち1本は出たばかりで、時おり粉雪舞うプラットホームにたった独り、40分もじっと我慢の大五郎。そういや30年くらい前、梶山シュウが歌っておった「さよならプラットホーム」っつー曲は、ここでのできごとだったのかしらん?
たまらず自動販売機で缶コーヒーでもと、たしかに「ホット」を押したはずなのに、出て来たんはチベタイやつ。殺す気か!(笑)

写真:GALLERY SPACE 5.15で一番驚いたのがここ。どこだと思います?トイレですよ(笑)
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR