FC2ブログ

クロスクロールという発想

2014/12/12 金曜日

通常業務。
昼過ぎ、オクターヴ・メソッドのメルマガ「おきろ、でかけるぞ」の第5号配信。
嬉しいことに、facebookを通じて新規の講読申し込みも本日だけで数件あった。

夕方道場にて、小6のGくん指導。
ちょっと趣向を変え、最初の30分をストレッチや呼吸法、それから50分を心体育道基本動作、残りの10分はジャグリングに初トライさせてみる。
僕自身、3カスケードすらできない初心者であるが、数週間練習を続けた感じで言えば、これは確実に脳に効く。
バラバラにほどけていたものが、ストッと中心に収まるような心地よさもある。
実際、ジャグラーには頭脳明晰な人が多く、数学博士でもあるピーターフランクルさんも12カ国語を話せる(いずれも大学で講義ができるくらいのレベルで、日常会話程度なら30カ国語OK)そうな。
学者、プロコーチ、作家にもジャクラーがけっこういる。近所の某有名進学校の学力テストで学年1位の男子生徒も学校のジャグリング同好会に所属しているらしい。
脳と心、体を繋ぐアメリカ生まれのエクササイズ「ブレインジム」は、発達障害者や脳性麻痺、自閉症、うつ病にも効果をあげていることで有名だが、このエクササイズの根幹にあるのが左脳と右脳を連動刺激して統合させる「クロスクロール」という考え方。赤ちゃんも「はいはい」でクロスクロールをやっているのだ。
ジャグリングはこのクロスクロールそのものであるだけでなく、エンタイテインメント性も備わっている。ほんと愉しいのだ。
前にも書いた気がするが、ヘルスアートクリニックくまもとの院長、中原和彦ドクターは、お手玉やジャグリングを患者にやらせ、うつ、パニック障害、摂食障害、登校拒否、引きこもりに苦しむ人を数多く治している。
僕も3つ玉=3カスケードができるようになったら、「脳の護身術」「オクターヴ・メソッド」にも導入し、指導する。

写真:僕に刺激され、オタマやセガレ、道場生のIさんもジャグリングを始め面白がっているし、少年部のYくん、Gくんも順次仲間に入れるつもり(笑)。
10382519_486115588196764_5857939804180869828_o.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR