FC2ブログ

新しい自分になっていいよと許可を与える

2014/12/3 水曜日

完全休息日の2日目、というか最終日。

終日、身体メンテナンス。「頭が考えて指示を出し体を動かす」のではなく、「身体から脳へ働きかける」部分を探りながらの動的メディテーション。

夜、たまたまつけたTVで「繊維筋痛症」の特集をやっていた。僕の知人にもこれで苦しんでいる方がおり、それで興味を持っていたのだが、つい最近、この難治性の病気が脊髄の過反応に起因することがわかり、それで治療法も開発されたとか。
さらに、発症の主原因は「ストレス」であると。
ならば、ストレスを取り除けば治るということである。心体育道や、オクターヴ・メソッド「身体のオクターヴ」で指導している呼吸法や血流をよくする健康法は、ストレス除去にも絶大な効果がある。
ただ、どれもおそろしく簡単。
それゆえ、パニック障害やうつで悩んでいる人に効用を説明しても「まさか、そんな簡単に」と思われることが多い。
「この病気の苦しさはアナタにはわからない」と言う人もいる。そのとき、今の状態の自分を手放したくないのかな、とも思ってしまう。
本気で治したいなら、実践することになんのリスクも副作用もないこの方法を、試さない理由がないからだ。

僕は苦しくて情けない自分が嫌だった。親も難治性と診断された僕の症例に一時期かなり悩み、ノイローゼになっている。
それで、愉しい自分へとシフト変更したまでだ。病院の薄暗い部屋でヘンな器具(オウムの信者がつけていたのとソックリ。笑)を頭に被せられて長時間検査されるのは我慢ならなかった。
まずは自己評価を高め、自分に「それをやる」許可を与えることが肝要。
笑われようが、無理だと言われようが、その一歩を踏み出すのだ。

写真:先日の高松@黒船屋。ドイツ製倍音フルート「フトゥヤラ」で、超高速スタッカートを連射する私。肺活量がたっぷりあり、呼吸器系がタフでないとできない奏法で、小学校時代、動くとすぐ息切れしてへたり込んでいたと言っても信じる? 撮影は清水一樹さん。
10351169_649310268511732_6954335775470900246_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR