FC2ブログ

プロは体を張っている、、、誰でもダ・ヴィンチ、、、

2014/11/11 火曜日

本日付けの朝刊で、阪神を事実上解雇されたA選手がカープに戻ってくる可能性が高まったことを知る。彼の去就に関してはfacebookでカープファンが持論を展開していたが、ほとんどが「裏切り者はいらん」「謝るのが先だろ」などと辛辣な言葉を書きなぐっていた。
体を張っているプロが自分を高く評価してくれる条件の良い球団へあちこち移ってなにが悪いのでしょう。
とまぁ、このような情動に振り回されるから、オクターヴ・メソッド的には、ひいき球団とか、無い方が望ましい。僕も何度カープファンを辞めようと思ったことか(笑)。

午前中、親戚の歯科にて月イチのメンテ。

午後より、明日の毎日文化センター「脳の護身術」のための準備。
最近買った「ダ・ヴィンチ/7つの法則」を読み込んで確認したのだが、彼を「天才」の一言で片付けるのは見当違いである。
もちろん類い稀な才能は先天的に一部備わっていたとは思うが、彼の創造性には、複数の多岐に渡る検証方法によって得たデータと多角的観察眼からのインスピレーションの統合が元になっていたのだ。
ここに書かれているおそろしく詳細な検証方法=エクササイズを弟子に実践させたからこそ、弟子たちもまた、その多くが才能を開花させることができたのだ。
で、嬉しいことに、それらのエクササイズのベースは僕の考案した「8つの新習慣」と符合する部分が多いのだ。いいぞ俺。
ただ、ダ・ヴィンチのそれは職人やアーティスト志願者のために編さんされたものであるから、誰にでも気軽にできるというレベルではない。
ダ・ヴィンチは、「凡庸な人間は、注意散漫に眺め、聞くとはなしに聞き、感じることもなく触れ、味わいことなく食べ、体を意識せずに動き、香りに気付くことなしに呼吸し、考えずに歩いている」と嘆いたと言う。500年前でこうだから、現代人など、ほとんどがそうだろう。
ちなみにダ・ヴィンチは筋トレもやっており、馬の蹄鉄を素手で曲げるほどの剛力だったらしい。また、身体のバランスをとる重要性を説き、両手ききになる訓練も奨励したとか。これなどモロ心体育道ではないか。
そのうちやろうと思っている「脳の護身術」や「オクターヴ・メソッド/ベーシック」の修了者を対象とした「オクターヴ・メソッド/エクストラコース」に、ダ・ヴィンチ流エクササイズも組み込んでみたら面白そうだ。
キャッチコピーは「誰でもダ・ヴィンチ脳」といったところか。

写真:ダ・ヴィンチ脳を獲得すれば、なんでもできる!チェロだって、、、弾けませんけど(笑)
DSC09623.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR