FC2ブログ

異例のギャラアップ、、、テストマーケティング事業、、、

2014/11/5 水曜日

終日、マーケティング企画。

午後イチ、某広告代理店さん来宅。ちょうど一カ月前、とある大規模イベントのメインMCを2日連続で担当した時のギャラを、わざわざ手渡しで。
しかも、、、最近では有り得んことに、最初の話より額がえらい増えているではないか。2ケタ万円。仕事が評価されたようで嬉しいな。

さて、知人の某アーティストからの要請を受け、西瀬戸メディアラボのテストマーケティング事業として、期間を設け無償で彼をサポートすることになった。
こういう仕事をしていて不思議に感じるのは、事業であるはずの表現活動において、金を稼ぐことを潔しとしないアーティストがもの凄く多いこと。アクセルとブレーキを同時に踏んでる感じだ。
僕が「これまでのシステムは無視しましょう」というと、「そうはいっても、、、」と、それがまるで反社会的暴挙でもあるかのように抵抗感を示したり、「あなたは業界を知らないから」などという人もいる。「この道のプロ」という自負は尊重するが、上手くいってないのにイバってどうする?
既存システムに介入するのではない。新しく「別ルートを開拓する」のだから、違法でもなんでもないし、シンドくもない。なにせ道路は「がら空き」なのだ。
超えるべきハードルがあるとすれば、本人のネガティブな思い込み=自己評価の低さだ。それと、新しいことを受け入れない硬化した頭。
彼にはこれを機に「オクターヴ・メソッド」でいうところの「バルーン(ルー・タイス派コーチングでは「ゴール」)」を揚げてもらう。誰憚ることなく高々と。

写真:落としたら最後、割れてバラバラになる可能性の高い素焼き製の「沖縄指笛」を、吹き口だけ残してシリコンで補強。沖縄のメーカーが、これを作るのをヤメたらしく、大事にせねばと。
乾くまで丸24時間。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR