FC2ブログ

身体からの働きかけ

2014/10/27 月曜日

終日、某季刊誌の校正、マーケティング、取材準備など。

『脳による身体への指示ではなく、先に動きをイメージし、そこへ近づけるよう身体から働きかけてアプローチすれば、脳は自然状態では成し得ない特異な能力を持つことも可能ではないのか───』

僕は数年前、この武術鍛錬から得た仮説に基づき、まっすぐ立てなかったある児童を、彼のために特別に組んだエクササイズの実施(腰を降ろした状態で規則的な強い呼気と蹴り上げ運動を1分間連動させるなど)により、3カ月で正常に戻したことがある。彼は児童相談所の療育プログラムを何年も受けても効果がなかったそうだ。彼は逞しく成長し、現在は体格も身体能力も通常の子供を大きく上回っている。

もちろん、僕は医師ではないので過信はしていないが、この一件は、本来は簡単に治るはずの症例すら、西洋医術的な知見から「打つ手なし」と判断されるケースが案外少なくないことを気付かせてくれた。
で、この本(下の写真)、中原和彦著「お手玉をするとうつ、パニック障害が治る」だ。いまのところ「お手玉」に必要性を感じてはいないが(笑)、武術家=身体の総合アーティストとして、この本から身体の秘密を解き明かす新たなカギが見つかり、なにかのタイミングで世の中に役立てられればなおよろしいと。
かくいう僕も、広告デザイン業界で駆け出しだった30代前半の1、2年間、何度かパニック障害やメニエルに見舞われたから、そのシンドさはわかってるつもりだ。

さて、先日「近々FarEastLoungeライブのアナウンスができそう」とFBその他で口にしましたが、たしかに僕の関係者への説明不足もあったかもしれないと認めつつも、わずかな時間の出番すらなくなったことを知らされました。楽しみにしていた方、ほんとに申し訳ないです。
けれど、10/31の音cafe Luckでの龍麿3、カワムラとのジョイント、11/15の同じく音cafe Luckでの和田八美さんとのデュオ、11/24のスタジオDUCKのゲスト出演、11/30日の高松・黒船屋でのモリシタヨシオ氏とのジョイントは変更ありませんので、よろしくお願いいたします。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR