素晴らしきかな筋トレ

2014/9/14 日曜日

朝目覚めると、筋肉痛(笑)。毎日鍛えているつもりでも、「未開発」部分が多々あることをノーモーション筋トレは気付かせてくれる。

古武術系の修練を応用したトレーニング本には、武士がやっていなかったという理由で「筋トレ必要なし」を説くものがあるが、百数十年前、来日したイギリス使節団が撮影した明治初期の写真を見てわかる通り、当時の車夫、大工、漁師、力士など、全員ムキムキである!
過度なウエイトトレーニングは体を壊すもとにはなりはしても、自重トレーニングや日常労働で培われる筋肉は僕は必要と思う。なにしろ、筋トレの際の筋肉の収縮と弛緩の繰り返しは血流を促し、免疫力も高める。特に不随意筋である毛細血管のポンプとしての役目は大きい。
アウターとインナー、どっちの筋肉が弱くてもだめ。バランス良く両面鍛えてこそ、一流ではなかろうか。

写真:明治初期、三重県鳥羽市答志島(とうしじま)の漁師たち(「ゴードン・スミスのニッポン仰天日記」より)。
男は全員マッチョ。女性も上半身ハダカ。そう、たった100年ちょっと前まで、日本人は裸族であり、首狩り族であったのだ。
写真
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/16 09:12)

鳥羽市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
コーチ&コンサルティング型クリエイティブオフィス「西瀬戸メディアラボ」代表。メンタル&フィジカルコーチ、マーケティングコンサル、ライター、ナレーター、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR