FC2ブログ

速読、、、マーケティングにも流派がある、、、

2014/9/7 日曜日

ひたすら読書デー。

約10冊を取っ替え引っ替え読みまくり、うち数冊読了。
この1年で読んだ本の量は過去最多。
ビジネス戦略、身体トレーニング、メンタル、脳科学が大半で、小説はほとんど無し。
よく「速読ができるのですか?」と訊かれるが、僕の場合は一瞬でページ全体をとらえる速読とは違い、目玉を素早く動かすやり方。
けど、やろうと思えばできるのだ。
特にコピーランティング業において、たとえばIT関係の「ほぼ初見」に近い数十ページの資料を短時間で理解する必要が生じた場合。
意味不明の単語が居並んだ誌面を目にすると、頭が「読む」のを拒否し、その瞬間に目がカメラのように「捉える」方向へ切り替わる。

さて、ビジネス戦略系の本は、僕のマーケティングコンサルのスタイルが確立されてきたこともあり、量は減っていくだろう。というか、マーケティングは、すでに完成形として存在している。要はどの流派を踏襲するかだ。ついでにいえば、オンライン、オフラインに関わらず、「対人間」であるわけだから「効力のある手法」は普遍であり不変。その時々の新しい手法を追っかける必要は無い。

西瀬戸メディアラボは、言葉=メッセージを主とするダイレクトレスポンスに、クオリティの高いデザインを対で組み込んだ、独自の路線でいく。
面白いことに、ダイレクトレスポンス・マーケティング事業におけるトップクラスでも、デザインは二の次程度の認識しか持ってないことがかなり多い。
それでも儲かっているからデザインの必要性は感じていないのかもしれないが、アートディレクターでもある僕は、デザインの持つ強いメッセージ力を侮ってはいない。
できることは出し惜しみせず、すべてやる。

写真:昨年、高松某所で開催された友人の結婚パーティーにてフトゥヤラを吹きまくる私。座頭市?
10672261_905734586123234_2360952230134950860_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR