FC2ブログ

気分はボーマン船長

2014/9/4 木曜日

終日、執筆、プランニング、マーケティング。

昨日契約したばかりのメールマガジン配信プランに思わぬ制限があることがわかり、一旦解約し、大枚はたいて別プランに再契約。
なにしろ未経験のことをやっているのだ。
こういう初歩的なミスもすべて勉強。
その他、いつくかの不明点も業者に相談。問い合わせフォームから質問事項をメールで送ると、ちゃんと担当者がデンワしてくるのは好感持てるし、わかりやすい。
また、担当者も「プラン名」が、利用者の誤解を招きやすいことをあっさり認め、謝罪してくれた。提供する側には業界の当たり前でも、利用者には「ん?」なことは多々ある。彼の口調に、このプラン名が変更されるニュアンスを感じ取る。

ジャンルを問わずメッセージ勝負は路上のリアルファイトと同じで、わずか数秒で決する。
情報が溢れまくり、移り気でせわしない現代人には、わかりにくかったり読みづらかったりする表現に辛抱強く付き合ってるヒマはないのだ。
気付いて修正すればいいのだが、伝わってないことを認めない、あるいは気付かないのは致命的。存在しないのと同じ。

しかし、あれだ。
今日はなんだか「2001年宇宙の旅」で、無音の宇宙空間にてHAL9000と孤独に戦うボーマン船長の気分。
躊躇する猶予はない。
アタマと体力を振り絞り、複数の業務&案件に1人で向き合うとは、こういうことさね。楽しいったらありゃしない。あーこりゃこりゃ。

予告。西瀬戸メディアラボ・新規メルマガ第2弾。
根強いファンからの要望もあり、三代目春駒ファンクラブ会報誌的メルマガ(笑)「ハックルベリーの庭」を10月より配信すべく、水面下で準備を進めております。

ライブ情報、近況、音楽仲間交友録、オリジナル曲制作のモチーフや裏話、影響受けたミュージシャンおよび楽曲、使用武器(楽器とも言う)の紹介、必殺技の研究成果など、ブログやfacebookでは封印している辛口な部分も含め「音楽の越境者」としての思いを、つれづれなるままに。
ま、もうちょいマジメに音楽やらんかい自分、と、ハッパをかける意味もあるわけです。
詳細はいずれ。
DSC09180.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR