FC2ブログ

存在理由

2014/7/11 金曜日

今年初めてセミの声を聴く。

終日、黙々と作業。あれこれやることは多いが、それが一つの目的に向かって集約されているのがわかり、妙な充実感あり。

最近の気付き「増えた」こと。
1、交渉の席にて、まったくのブレも澱みもなく、驚くようなコメントを発する。「いま俺が言うたですか?」みたいな。

2、企業だけでなく、個人事業主からの「ダイレクトレスポンス・マーケティング、くわしく訊かせてくれないか」という問い合わせ。

3、やたら「掃除したい!」という気持ち。余分なモノを除外したいという思いの延長か?

4、鼻息。魂の「圧」が高まっているのでしょう。

5、スグ使えそうなアイデア。
ハンパない量です。
思えば、これまでクリエイティブ業において、アイデアが評価されることはあっても、それがギャラに加算されることはゼロ。すべてライティングに「込み」とされてしまうのだ。
今後は逆。アイデアが「主」でライティングが「込み」となる。
僕はもう「広告デザイン屋」ではないのだ。コピーライターやアートディレクターのスキルを備えたマーケティングコンサル(去年作った名刺にも明記してある)。
広告デザイン屋や広告代理店は、CMやwebサイト、セールスツールを作るのが仕事。それはそれで尊い。
マーケティングコンサルは違う。
売れる仕組み、届く仕組みを作るのだ。
適確なマーケットを選出し、適確なメディアを使って、適確なレスポンスが得られるメッセージを発信する。ちゃんとした数字を出せなければ存在理由はない。
寸分の曖昧さもゆるされんシビアさが肌に合う。楽しいです。
DSC08702.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR