FC2ブログ

3つの「減らす」

2014/7/9 水曜日

先週から数年ぶりに朝食を廃止(コーヒーとヨーグルトだけ)して1日2食へ復帰。
間食も減らし、意図的に空腹感をおぼえる時間を増やしている。
こうすると、通常より間違いなく集中力が上がる。「飢え」がより深いレベルでの潜在意識を呼び覚ます。胃腸は休まるし、細胞も燃焼し切る感あり。

2つめの「減らす」は、プロダクション在籍時代も含めると20年以上購読していた日経MJ新聞を解約。これ読んで、ちまちました流行り廃りを分析しても意味が無いことに気付いた。それはただの枝葉でしょう。肝心なのは幹であり本質である。
その一方で、アメリカの著名な一流マーケッター・ユニットのニュースレターを毎月取り寄せることにした。彼らのスキルは時代のアレンジが若干加えられることはあっても原則、不変であり、普遍にして不偏なり。

3つめ。
最近、飲みに出る機会が激減。忙しいというのもあるが、一人で飲んでいると周囲の客のネガティブな会話が耳に入ってくるし、「この時間があればアレがやれたな」とグルグル考えはじめ、落ち着かなくなるのだ。良い傾向。

今後、不要なモノ、面白味の無い退屈な習慣はどんどん捨てる。それが浮力を生む。
ちなみに、たくさんの浮力が「シャンパンの泡」のように同時多発でせり上がって、現状レベルをラインごと勝手に押し上げてくれるしくみのことを、オクターヴ・メソッドでは「シャンパン・フォーメーション」と呼んでいる。

それと、複数の知人から「忙しそうだな。新事業が軌道に乗ったら、もっと忙しくなるんじゃないか?」と言われた。
心配無用。
今はたしかにしんどい(けれど楽しい)が、軌道に乗せてしまえば年数回の長めの休暇も取れるようになる。
そのしくみが完成するまで、早くて秋、ひょっとすると年内一杯はかかる。それまでは厳格に、僕自身がダイレクトレスポンス・マーケティングの習慣に従って行動するのだ。
僕のストーリーも、いずれ成功事例としてクライアントに提示できるだろう。

写真:ソロか、デュオでライブ企画中。どんなに忙しかろうと、楽器にさわらない日はない。フトゥヤラなんて、もはや宇宙にイッテますぜ。音楽は仕事でも趣味でもない。血であり息である。
DSC08639.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR