FC2ブログ

今際の汀で見る夢は

2014/7/4 金曜日

昨日も祖母が危篤になったり、慌ただしかったが、本日も朝から区役所に住民票や印鑑証明を取りに行ったり、銀行へ呼び出されたり、いったい何カ月この調子なのか。
と、オフィルに戻ると古い友人が重篤の状態との連絡があり、入院先である西区の病院へ。
彼がこの5月に再入院したのは知らなかった。というか、最近、デンワしても出ないので気になっていたのだ。
僕が病室に入ると、ちょうど意識が戻ったところで、話しかけると頷いてくれた。息子さんの説明では、おそらく1週間がヤマらしい。なにもできんのがもどかしい。
先日の「ノア」の創造主の「光あれ」ではないが、知り合って30年に渡り、彼ほど僕の人生に光=きっかけをもたらせてくれた人物はいない。
付き添っている女性の方の説明では、混濁する意識の中で「三里塚闘争」の夢を見ているらしいうわ言を口にしたとか。

彼が熱射病のように狂おしい青春を過ごした時代よりひょっとすると、今の日本の方が100倍も重要な局面にたっているように思える。
ふと考えてしまった。
いつか、僕が今際の際で見る夢は果たしてどんなものだろうか、と。
DSC08579.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

彼のお見舞いに行っていただいたとの事、ありがとうございます。連絡が行っているかなと気になってました。私は、小林さんが歌を歌ってあげたら喜ぶだろうなと思っていました。意識が引き戻されて一緒に歌いだすかも。

No title

原戸さん、コメントありがとうございます。歌は間に合いませんでした。けれど、有志のお別れ会が開催されるなら、喜んで歌わせてもらいます。金曜日話しかけることが出来てよかったです。
プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR