FC2ブログ

レレレの植木職人

2013/5/12

午前中、道場にて指導の予定が、Sさん発熱のためお休み。僕の回りもこの時期には珍しく、風邪ひきがもの凄く多い。
で、先延ばしにしていた観葉植物の植え替え大作戦を敢行。
ハイビスカス2鉢、サマーチョコレート(アカバネムノキ)、タイタンビカス、ソテツの計5鉢。植物というものは基本的に年々大きくなるものだから、3年目を迎えたハイビ、タイタンビカスの鉢は小型のゴミバケツくらいもあり、びっしり根を張った鉢から引きはがす作業からして、かなりの重労働。
宿根草(葉や茎を枯らせ、根だけ生かして越冬する植物)のタイタンビカスを掘り起こすと、根の周囲から丸々太ったカナブンの幼虫が10匹近く出て来てビックリ。ということは、土は劣化するどころか、彼らのフンなどで逆に活性化していると判断し、大半はそのまま利用。
サマーチョコレートは、ネットで検索すると「植え替えを嫌う」とあったが、どうみても鉢が窮屈なので、3倍ほどでかい鉢へ。こういうところ、僕は自分のカンを信じる。
昼食休憩を挟み、全作業終了は夕方5時。使った土は16リットルを3袋。腕パンパンで疲労困憊。酒飲んだら激しい睡魔にて轟沈す。

写真:植え替え後のタイタンビカス。鉢は14号サイズで直径40センチ。昨年の茎の横から、すでにニョキニョキと新芽が。3年目の今年は3mに達すると予想する。
DSC04574.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR