FC2ブログ

プレゼン、執筆、指間接ストレッチ

2014/5/23 金曜日

午前中、某オフィスを訪ね、DR(ダイレクトレスポンス)型webサイトの提案とヒアリング。概ね好評。
と、打ち合わせ後、クライアントさんと話していて自分のブログといえど、他者に向けての悪口やグチはほどほどにしないといけませんね、という話になる。おっしゃる通り。批評眼は大切とは思うが、自分が絶対的に正しい尺度を持っているかのような物言いは傲慢ととられても仕方ない。僕も気をつけたい。

午後より、怒濤の執筆業務。
毎週末に送られてくる某クリエイター氏のメールマガジンが夕方届き、きょうが金曜日であることに大いにヒルむ。一週間の、なんつー短さよ。相当数のヒアリング、取材、打ち合わせ、そして執筆。ふはははは(意味不明)。

とある脳機能関連の本で知った古武術の「指関節ストレッチ」を執筆の合間の気晴らしに数日間続けてみたところ、もともと硬かった間接がかなり柔軟になり、腕全体がえらいラクになった。やった直後、掌が温かくなるのも面白い。
人体に365あるとされる間接が柔らかくなると、脳が刺激され、神経系統も感度を増すそうである。昔の武術家は、ウエイトトレーニングや走り込みなどは一切せず、こういう地味な鍛錬を重視していたとか。
なんやかや執筆の〆切(現在5本と格闘中)に縛られてくると、こういったエクササイズや、我が師が開発されたノーモーション筋トレなどが実に有りがたい。
DSC08204.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR