FC2ブログ

適確にリターンを得る方法

2014/5/22 木曜日

午前中、ヒアリング。
夕方、再び市内中心部にて別件のヒアリング。

この数日、さまざまな案件に関し、ヒアリングついでに、雑談の中でDR(ダイレクトレスポンス)の手法を活用したwebサイトのことも話してみたが、業界において、その有効性にほとんど眼が向けられていないことを確認した。
というか、わかっていても、やるとすれば制作フローやコストの抜本的見直しが必要だったりするので、広告代理店もプロダクションも、手が出せないのかもしれない。

webにとどまらず、DR的な手法は、僕はこれまでも季刊誌など紙媒体でも一部使っており、きっちり「文字の営業」の役割を果たしてきているのをクライアントは認めている。不況のおり「経費の無駄」と企業季刊誌が次々と廃刊に追い込まれる中、2007年の創刊から、現在第30号に差し掛かっている某季刊誌が生き残っている理由はそこにある。ちなみにトータル約300ページを僕一人で書いてきた。
使えるモノをつくればいいのだ。
「相手の動きに対し適確に反応し、適確に処理する」とは心体育道の基本理念である。
DRもまた、時代のニーズに対し適確に反応し、適確にリターンを得るスキルとなるだろう。

写真:日曜日の宇品「フレックス・ギャラリー」のライブで、本番前、フトゥヤラにコンデンサーマイクを装着するの図。爆弾を仕掛けるテロリストのようでもある。
10274344_665344580215098_1242686795571760073_n.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR