FC2ブログ

島は見えるか

2014/5/17 土曜日

終日、執筆。合間に、道場にてIさん指導、明日のライブの準備など。

先日、とある会合にて某発展途上国(この言い方好きではないのだが)の支援を行っている女性から「オクターヴ・メソッドを、かの地で蔓延しているDV(ドメスティックバイオレンス)問題解決に役立てないでしょうか?」との相談を受けた。
その国に対する知識がほとんどないので、即答はしなかったのだが、帰ってじっくり考えてみれば、国や環境に関係なく、地球人であれば誰でも習得できることに今更ながら気付き、本日、その旨、ご本人にお伝えした。
僕の「バルーン(オクターヴ・メソッドで、自分が叶えたい最高レベルのゴールのこと)」は、この地球上から差別や諍いをなくすためのお手伝いをするということ。今回の問いかけは、その端緒となるのかもしれない。
具体的な方法は「やると決めた」のちに、見えてくる。アポロ計画では、月に行きたかったから「行く」と決めた。だから達成できたのだ。
星の位置をたよりに航海するポリネシアの古代航法「スターナビゲーション」の正統後継者、マウ・ピアイルグは、その技術をナイノア・トンプソン(ハワイを代表するウォーターマン)に教えたあと、ナイノアに「(目指す数千キロ先の)島は見えるか?見えたら行ける」と言ったそうだ。もちろん、物理的には視認できるわけは無い。まず、心の中でありありと臨場感たっぷりに「目指す島」を見ることの重要性を伝えたかったのではないだろうか。

写真:2010年、西表島をシーカヤックでツーリングした。東シナ海に揺られていると、人間時間ではなく、太古から現在までの膨大な地球時間のスケールを肌で感じられるのである。
P8132515.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR