FC2ブログ

らしさを疑う

2014/4/10 木曜日

終日、あれやこれや。

冬の間、伸ばしっぱなしだった髪の毛。
「長髪にすると、えらいフケて見える」との声多し。昨日も今日も言われた。
よろしい。
散髪に行くにしても、ちょっと変わった頭にしてもらいたい。たしかに自分でも、自分には「これが似合う」という無難なヘアスタイルは知っているが、もうね、「らしさ」など真っ向否定したいのだ。
年を重ねるほどに、食べ物はこれ、服はこれ、聴く音楽は、、、とスタイルの趣向が決まってくる。悪くはない。けれど、アーティストやクリエイター、あるいは自分の人生を創造性に満ちたものにしたければ、それに固執することは有害でしかない。イマジネーションも早晩枯渇する。
現在、展開中の「オクターヴ・メソッド」でも、最初の1カ月は「脱・思い込み」のワークが中心。これをやっていくと、「らしさ」が相対的な産物でしかないと理解できると好評。まさに目からウロコらしい。そうすると、次の展開として今までマインドブロックによって目に入らなかったものが、イッキに立ち上がり、怒濤のように押し寄せてくる。
迷わず行けよ。行けばわかるさ(笑)。そこにはきっと発見がある。

写真:昨日買ったばかりのカール・ラガーフェルドのDVD「スケッチで語る人生」。トップデザイナーとしての華麗かつ過激な自分の半生を、文字通りスケッチで描いてみせながら本人が語るというドキュメンタリー。彼もまた、過去の作品にはまったく興味が無いんだと。この潔さが新しい地平へ向かう唯一無比の推進力なのだろう。膨大なスケッチも当然素晴らしい。
DSC07907.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR