FC2ブログ

陸軍の三廠

2014/3/6 木曜日

週末からの2泊3日高松遠征に備え、もろもろ準備。
最終日の月曜日、高松在住で海外でも活躍する某著名建築家にヒアリングすることになっている。港湾エリアの古い倉庫街を、高松を代表する人気スポット「北浜アリー」に生まれ変わらせてみせた彼に、「なにを一番大切にしてリノベーションしたのか」をぜひとも訊きたいのだ。そして、僕が勝手に立ち上げた「旧陸軍被服支廠・再起動計画」の参考にしたい。
で、ふと思いつき、広島市郷土資料館で開催中の企画展「陸軍の三廠」へ行き、パンフレットを入手。「三廠」とは、軍都・広島の軍需物資調達の要となった旧陸軍糧秣支廠、同兵器支廠、そして被服支廠を指すもので、案の定パンフには、旧陸軍被服支廠の背景など、成り立ちや建築スペックが詳細に記載されていた。ちなみに広島市郷土資料館は、食糧担当の旧陸軍糧秣支廠をリノベーションしている。
ここで僕お得意の「根拠なき自信」を一発。僕が途中で嫌気がさして投げ出さない限り「陸軍被服支廠・再起動計画」は必ず成功する。「オクターヴ・メソッド」の「オクターブ上げ」で使う「バブリング」なる手法を採用しているから。

写真:企画展「陸軍の三廠」を開催中の広島市郷土資料館。ここも三廠のひとつである旧陸軍糧秣支廠を再利用したもの。なんともオシャレな外観。ちなみに企画展「陸軍の三廠」は、3月23日まで。入場料たったの100円!
DSC07713.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR