FC2ブログ

不明な私

2013/5/2

朝イチ、メールで緊急オファーを確認し、パジャマのまま対応。昼前フニッシュ。
午後からも、メールやデンワで、様々なお困りごとが寄せられ、ふと、スケジュール確認のため、カレンダーを見て、今日が5月2日木曜であることに驚く。
火曜とか水曜じゃないの?っつーか、4月はいつ終わったスか?
もしやと、今朝アップした当屈折日報を確認すると、「4/30」日付けの記事が2つある。
大丈夫か、自分。

これはまずいと、ひととおり業務を終えてから、現在抱えているレギュラー&新規マーケティング案件の整理。すでに代理店さんやプロダクションさんを通さない直受け案件が上回っていることも再認識。気持ちが引き締まる。

その他、本日も北九州の某プロアスリート氏からデンワがあり「11月にこっちでやるイベントにシンガーとして出演してもらいたいので、希望するギャラを提示してくれないか」と嬉しいオファーがあったばかりだが、県外から寄せられているライブ依頼も、ここらで一度整理すべく、ためしに白地図に描き込んでみた。
広島をのぞき、北から順に、福島、東京、神奈川、香川、岡山、福岡、沖縄の全7県9カ所。もちろん、一度に回ることは不可能だが、すべてやらせていただく方向で準備する所存。
もう、僕がなにをやろうが、結局は「そのときやっていること」を見た人が好きなように判断すればいいだけのこと。僕はとっくに定義をあきらめた。執筆やマーケティング、TVナレーション、ライブ、武術指導で報酬を得ているのは、払っていただいている方がプロと認定しているからだろう。

話は飛ぶ。
高校3年の甥っ子Nの友人に「人の心がよめる」ヤツがいるという。Nによれば、彼はそのことで思い悩み人間不信に陥っているらしい。で、「どうしてあげりゃエエんかね?」と。
そこで僕は「そいつは、人の心がよめると思い込んどるだけじゃけ、ほっとけ」とアドバイス。
「心」は川の流れと同じで、一点を指差した時点で、「そこ」はいずこかへ流れ去っている。「方丈記」の「行く河の流れは絶えずして」だ。
これは瞑想=メディテーションを毎日やっているとよくわかる。心を一点に留め続けることさえ至難のワザ。よって、秒単位で変転し続ける人の心を読むなど、まったくありえんのだ。
未来ある若者よ。
人間ヒマすぎると、ついいらんことを考え過ぎるものじゃ。
我が輩のように、曜日の感覚が欠落するほど、
日々落ち着き無く「不明な者」として生きるがよい。喝っ!!
写真

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR