FC2ブログ

熱鍼法続報、、、心体育道合同稽古&忘年会、、、

2013/12/22 日曜日

オタマの「熱鍼法」施術後レポ。
昨日の腰につづき、腕、肩、背中の痛みや凝りが消えたらしい。「随分前、体が何ともなかった頃は、たしかにこんな感じだったというのを思い出した」と。
クラシックに限らず、音楽を生業としているミュージシャンは身体の不調を訴える人が多い。それが演奏にも悪い影響を及ぼすことは僕の体験からもわかる。
熱鍼法がなぜ効くのか、説明を聞いてもまだ充分把握し切れていない面はあるが、僕らのように関節系障害のほか、内臓に対しても有効で、結果的に糖尿病などの改善にも効果が期待できるらしい。
百聞は一見にしかず。されど、実際に体験すると、そのあっけなさに「ますます不思議」としか言いようが無いのが熱鍼法かもしれない(笑)。

終日雑務。おっと「サンタ」としての買物も忘れません。

夕方より、県立体育館武道場にて、心体育道合同稽古。
腰を痛めて以来、フルパワーで動くのは久しぶりで、ちょっとヒヤヒヤしたところもあるけど、ほぼ問題無し。嬉しさがこみ上げて来た。
その後、八丁堀の某居酒屋で太鼓グループ「雷男」さんたちも交え、忘年会。廣原先生からとても良いお話を聴かせていただいた。魂は永遠にあるのだと僕も思います。

写真:熱鍼法は、この「平田式十二反応帯」という体表人体図をもとに施術される。経験やカンに頼ること無く、3時間もあれば大方の技術を習得できるのも特徴で、器具があればセルフも可能なのだ。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR