FC2ブログ

フツーじゃないかもしれない作曲法

2013/4/24

朝から雨。真冬より、春先のしみったれた寒さのほうが気が滅入る。

終日企画業務。
その合間、ティンホイッスル(アイルランドの縦笛)やディジリドゥを吹く。ティンで作ったオリジナルは2曲ある。フトゥヤラの2曲もそうなのだが、吹いているうちに出来た、というより、先にメロディが突然頭の中でハッキリ鳴り響く。で、あわててフトゥヤラを手に取り、吹きながら追走して、力ずくでたぐり寄せる感じ。思い浮かんだ時点では、技術的に届かない、つまり吹けないフレーズがほとんど。だから、どうやれば鳴らせるのかしつこく探る。そんな作業を繰り返すうち、技術が上達し、脳内で鳴っていたフレーズに到達するのだ。ヤッホー。
実際のところ、フトゥヤラの原型である、スロバキヤの民族楽器「フヤラ」の正当伝承者の映像をYouTubeで何十と見たが、彼らの演奏は再現できる、しかもより聴きやすくアレンジして。
フトゥヤラを開発したNadishana氏(僕のフトゥヤラも彼の手づくり)にも部分的なテク(なにしろ手数が多いのだ)は及ばずも、楽曲のユニークさでは良い勝負だろう。
次回ライブでは、フトゥヤラの曲の合間、ディジリドゥに一瞬スイッチしてみようかと。ますます何屋かわからんな。
フトゥヤラを吹く私@BLUE LIVE広島。撮影はベリーダンサーのYさん。
625504_245803038898051_911197813_n.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR