FC2ブログ

フトゥヤラに小型マイク装着、、、Jai Bajrang×minakumari、、、

2013/12/7 土曜日

午前中、K楽器へ行き、注文していた品、オーディオテクニカの小型マイクほか、3種類のエフェクターを受け取る。
早速帰ってフトゥヤラに装着し、テスト。
なかなかに、エエ音色です。いわゆる「音痩せ」が多少あるのかもしれないが、フトゥヤラの場合は逆にシャープさが加わった感あり。マイク位置を気にしないでいいので演奏もラク。ただ、当然ながらセッティング&撤収が煩雑になるため、短いステージでは今まで通りボーカルマイクでいったほうがよかろう。

午後はTVでサッカー観戦。サンフレッチェやりよった。連覇達成見事なり。
先月、某季刊誌の仕事でスポーツジャーナリストの二宮清純さんをインタビューした際、二宮さんも森保監督の戦術を絶賛していた。連覇を成し遂げたので、彼の言う通り、日本代表監督に推挙される可能性が高くなったのではないだろうか。

夜、鶴見町の「音cafe Luck」にて、Jai Bajrang×minakumariのライブ。インド古典打楽器の「パカーワジ」と「ガダム」を使ったインストユニット(いずれの楽器も日本で唯一の奏者)と、シタールを弾き語る(!)女性シンガーソングライターのジョイント。どっちかというと、正統インド音楽がやや苦手なのだが、彼らの演奏はモノマネ等ではなく確固たるオリジナリティがあり、しかもお洒落でお茶目。最前列ど真中にて堪能す。というか、やわらかな歌声とシタールの心地よさに抗いきれず、何度か眠ってしまいそうになった(笑)。

写真:マイクを装着したフトゥヤラ初号機。マイク取付け用のアタッチメントは、ケイタイのホルダーに付いていたマジックテープを流用した。ますますヘンテコな楽器に見え、インパクトもアップ。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR