FC2ブログ

もしや、網膜剥離アゲイン?!

2020/10/28(水)

三日前、58歳になり、夜は某レストラン出向き、家族にお祝いをしてもらったのだが
その前日から左目にモヤモヤとした浮遊物が。
飛蚊症にしては大きいし、これはひょっとして網膜剥離の兆候かと。
20年前のちょうど今頃、右目が網膜剥離となり
約2週間の入院生活を送ったことがあるが、
あの時は視野が徐々に欠けてゆくというはっきりとした症状があった。
術後、医師から「10年20年経ったら、今後は左目もなるかも」と告げられていたこともあり
このタイミングでかい、さすがに勘弁してくれと気分が沈みがちのバースデーとなった。
で、翌日、チャリで10分の某眼科で精密検査を受けたところ
網膜に小さな穴が空いていることがわかった。
やっぱ入院スか?!と一瞬思ったが、医師いわく
「これくらいなら、うちでレーザー手術で治せます。
時間は5分程度。今からやりましょう」っつーことで、ほんとに5分で終了。
前のようにベロリと剥がれていたなら、入院になるのだろうが
軽度の手術とはいえ、フツーに座ったままで施術を受け
術後もコンタクトをはめてチャリで帰れるという簡易さに
隔世の感あり。
ま、やれやれの一安心でしたとさ。

写真:年明けの闘病中からの筋トレで体が一回りでかくなり、ズボンやシャツ類の大半が着れなくなった。
ただ、この、18年前に買ったLeeのレザージャケット(7万円もした)だけはどうか、、、
と恐る恐る袖を通したらギリギリセーフ!
IMG_2218.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR