FC2ブログ

出口治明さん

2020/8/4(火)

昼食時に、NHKで再放送していた、出口治明さんの「最後の講義」を見た。
出口さんといえば、ライフネット生命の創業者で
現在は立命館アジア太平洋大学学長であるが、
私としては、哲学や歴史研究の著作者のイメージが強い。
で、今回の20代の若者に向けた講演の約半分は
「古い社会構造」の変革の必要性についてであり、
それをながらく温存してきたのが、「ゾンビ企業」と彼が表現した
賞味期限切れの既得権益層であると。
手前味噌ながら、これは私も自分の経営者向けセミナーで
言い続けてきたこととまったく同じ。
そもそも、私がマーケティングコンサルを志したのは
単にクライアント企業の収益アップを実現するためだけではない。
既得権益者をトップに置いた、旧態依然のヒエラルキー構造を
ブッ壊す一助になればと思ってのことである。
もっとハッキリ言うなら「この世から下請け業者をなくす」だ。
マーケティング力が高まると企業はどことも立場が対等になる。
対等になれば、忖度も必要ない。
忖度がなくなれば、たとえば選挙時において
「票のとりまとめ」などという民主政治にあるまじき腐った習慣も自然消滅する。
そうなると、本当にアイデアと実行力を備えた人が正しく評価されるようになり、
男女の社会的不均衡も無くなる。
出口さんも言っていたが
「主要消費者の過半数を占める女性が今欲しいものをちゃんとイメージし提供できる
50、60のオッサンが日本の企業にいるか?」と。
ほんと、
ゾンビ企業と、その既得権益層を支援するゾンビ政府、
とっとと成仏しなさいね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR