FC2ブログ

そして無菌室は「虎の穴」と化した

2020/6/19(金)

私の半年に及んだ闘病生活を時系列で振り合えるシリーズ、その8。

「治療プログラムには100%従いつつも
受け身になりすぎないための闘病スタイル:episode8」
〜そして無菌室は「虎の穴(※)」と化した〜
※「虎の穴」は漫画「タイガーマスク」に出てくる超人的レスラーの養成機関

年末の退院直後から、前向きというか
「前のめり的」に実施したリハビリがうまくいき
2週間後の通院による抗がん剤投与を経て
再び無菌室入院する頃には体重も8kg回復。
しかし、これでまた10日近く
狭い病室でじっとしていたのでは意味がない。
そこで主治医の許可を得て
無菌室に各種トレーニング機器を持ち込むことに。
レンチ一本でコンパクトに解体・組み立てできる、
ディップス&懸垂器。
移動せずともその場でウォーキングできるステッパー。
通常の腕立て伏せより負荷をかけやすいプッシュアップバー。
ロシアの格闘家愛用のセラチューブ、
腹筋ほか体幹強化に有効なアブローラー、
いろいろなエクササイズに使える軽量ダンベルなどを
40ℓの登山用ザックに詰め込んで、いざ病院へ。

病室に入るやいなや、器具を組み立てるのも毎度の儀式となった。
トレーニング機器がぎっしり収納された棚を見て(下の写真)
「ここだけみると、とても病室には思えない」と看護師。
こうして、パソコンでトレーニング日誌をつけながら
データを確認しつつ、じっくりと鍛錬。
器具を使わない、武術養生法や気功、
クンダリーニヨーガの呼吸法、
自重トレーニングも実施。
「レスラーブリッジ」など寝たままできるので
頻繁にやったところ、首がかなり太くなってしまった(‘~`;)

毎朝、採血、検温、血圧、酸素濃度など調べられるので
オーバーワークになっていないか
正確にチェックできるのも安心材料だった。
もちろん、発熱時(第2、第3クールでも数日あった)は休息したが、
トレーニングのおかげか、第1クールであれほど苦しんだ
口内炎や便秘はナシ。
メシもばくばく食えるどころか病院食では足りないほど。
結局、入退院を繰り返しながら、
このスタイルを通したところ、
白血球の戻りが早くなり、入院も短めとなった。
最終の第5クール終了時には、体重がなんと13kgもアップ。

この超ハードな抗がん剤投与プランを選択した場合、
治療が進むたび患者は衰弱していき、
全治療が完了する半年後には
看護師いわく「ガリガリのヘトヘト」になるのが常らしく
「逆にムキムキになっていった人はこれまで見たことない」とか。

さて、トレーニングはいいとして
食事とうまく両立させねば効果は出ない。
好きな餅が食えぬ病室で、どう栄養補給につとめたか、
病院食をおいしく食べる裏技とともに紹介したい。
(つづく)
101948302_1794882293986747_8902604093726098456_o.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR