FC2ブログ

軒下に吊るされた川舟

2019/10/9 水曜日

免許更新に行くつもりが緊急案件が複数入り、粛々と対応。

超巨大な台風19号が接近中。先日の千葉に甚大な被害をもたらした15号でも思ったのだが、もはや日本人は「家」のあり方を根本的に変える時期に来ているのではないか。
瓦葺きの屋根は暴風に飛ばされて意味がないし、窓には雨戸も必要。浸水対策も重要。一階に畳の和室もNGと思う。あらかじめ「水に浸かる」ことを想定した造りに変更すべき。
で、思い出したのが、小学校時代、三次市に遊びに行ったときのこと。当時、三次は軒下に木造の川舟を吊り下げていた民家が少なくなかった。
不思議に思って訊いたら、三次の江ノ川が頻繁に氾濫するので、その際「このフネで二階から乗り降りして移動する」のだとか。つまり一階は水没して当然と考えていたのだ。
今後も大型の自然災害が頻発することはほぼ間違いないのだから、このようなアイデアは「想定内」として考慮すべき段階に来ている。
DSC07659.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR