FC2ブログ

未来に希望を持てる若者がいる

2019/8/31 土曜日

夜、ある勉強会に参加するため、会場である市内某カフェへ。
この2、3ヶ月前から南区にある我が家の上空で、岩国の米軍戦闘機と思われるジェット音がハンパなくウルサイのだ。
夕方からはじまり、長い時は夜11時あたりまで。

いったい何が起こっているのかと気になっていたところ、その専門家の前岩国市議の話が聞けると、ある筋から連絡があったのだ。
はたして、質疑応答コーナーでは遠慮なく3点ほど質問し納得の解説をいただいた。

さて、この講演の冒頭、主催者で店のオーナーである女史が、本日のスピーカーを「前市議」ではなく、うっかり「元市議」と紹介したところ「前市議だ。失礼だろ!」とブチギレ的に食ってかかる聴衆がいた。
僕も名前を知っている某平和団体のメンバーのようだ。

こういう団体には、なぜかこのタイプが必ずいる。
自分たちの意に反する人を徹底的に糾弾し排除しようとする。

他人の小さなミスや認識のズレが許せない者が「平和」を語るという矛盾。

おいアンタ、もうちょっとフツーにいえんのかい、、、と言おうとしたら
その女史は

「叱らないでください。勉強不足だったことは謝りますが誰にでもある無知や勘違いに気づき、そしてそれを、みなさんとシェアしのびのびと話し合う場としてこのスペースを作ったのです。
だからできるだけ、おだやかに諭していただきたいのです」
と、毅然と切り返した。

かっこいいコだな。

こういう若者を見ると未来に希望を持てる。
IMG_0890.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR