FC2ブログ

素謡vs地謡

2019/8/16 金曜日

終日、コーチング、筋トレ。

毎日、能の謡の稽古をしている。
「橋弁慶」は後半がバトルシーンゆえ、強い発声で、マシンガンのようにリズミカルかつたたみかけるがごとく謡わねばならず、途中でタイミングを間違えると呼吸が乱れ、息が続かなくなる。
ひょっとすると、キツさでは作品随一かもしれぬ、、、と思ったところではたと気づく。
だからここは地謡(じうたい=8人の合唱隊)パートなのだと。誰かが苦しくなり、我慢できずにヘンなポイントで息継ぎしても途切れないようにしてあるのだ。
素謡(独唱)ではシンドくてあたりまえか。
DSC07567.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR