FC2ブログ

入会から半年後の正直な感想、、、奴隷であることを望まないなら、、、

2019/7/19 金曜日

夜、中小企業同友会の班会議に出席。この班のメンバーは皆さん良い人ばかりである。
その一方、同友会に入会して半年経ち、この会全体が中小企業のお困りごとに本気でフォーカスしているようには全然見えない。
むしろ、会員を増やすことばかり意識を向けすぎていないだろうか?
あと半年、様子を見ていこうと思う。

さて、ライター時代、20年かけて中国地方を1000ヶ所取材した。
訪れるたび町ごと疲弊、衰退していくのがわかり足が竦んだ。
その経験から自信を持って言える。
自民党&ナンチャッテ仏教政党のタッグ政権がこのまま続くと、間違いなく中小企業と地方は切り捨てられる。
というか、すでに切り捨てられている。
阿部首相は好景気が続いたと自慢げに語っているが、国民一人一人が胸に手を当ててフツーに考えればわかるはずだ。
「どこが好景気なら!ボケ!」と。
また「復興五輪」なんて一体どの口が言うのかね?
マーケティングの頭で考えれば瞬時に答えが出る。
あれは、経団連や大手広告代理店など、これまで日本を牛耳っていた支配者層のみが、息を吹き返すためだけに誘致した「回春五輪」である。
ボランティアとはこれまた聞こえがいいが、善意ある多くの人々をタダ働きさせ、懐が潤って笑いが止まらんのは誰か。
はい、電通さんです。
また、五輪建築関係の職人が東京に集中し、東北や豪雨災害の被災地は大幅に復興が遅れ、悲鳴が上がっている。
もちろん、こうなることも知っててやった、きわめて悪どい確信犯だ。
野党はたしかに頼りない。再度失望させられるかもしれん。
だが、あなたがこれ以上「奴隷」という身分を望まないなら、自民党という選択肢はないはずだ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR