FC2ブログ

橋弁慶へ、、、動画の手順、、、

2019/5/27 月曜日

午後イチ、広島某所にて、能の謡の稽古。
3月に杉浦門下に加えていただき、本日で6回目。初心者の演目「鶴亀」の最後の一節のおさらいを謳うと、杉浦先生、
「はい、では今日から次の演目『橋弁慶』にいきましょう」と。
毎回、ページにして約1ページをまず先生がフレーズに区切って謳い、それを僕が追って謳い、次の稽古でおさらいとして一人で謳う、というスタイルでここまできたが、ひょっとして、まったくのノーミスで来ている?
先輩門下生の方からは「あなたは初心者のレベルではない。もう何年も前からやってるみたいな感じよ」と絶賛いただくのだが、先生は何もおっしゃらず、「はい次いきましょう」なのだ。
京都の伝統芸能のお師匠さんは、むやみに弟子を褒めることはしないと聞いていたが、なるほど、修正指示がないにしても、淡々と進められるこのやり方が集中できるのだ。
というか、僕自身、相当な声量は出ているが、やればやるほどに至らぬ箇所がせり上がってきて、そのギャップに打ちのめされるばかり。うん、耳は肥えてきているな。

帰ってからは、オンラインサロンのメインコンテンツになる動画のテスト。もう何日もぶっ通しでやっているが、なんとか手順が飲み込めてきた。
最近思うのだが、どんな職業にしろ、大半のプロが既存のしくみのなかだけでやろうとしており、自分で地平を切り開くことをやらないのはなぜだろう。こんなアプリが発達しているのに。
IMG_0606.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR