FC2ブログ

目ヂカラなんぞいりません

2019/5/9 木曜日

終日、打ち合わせ。

高校3年の門下生Yくんが
「昨日テレビで空手の世界チャンピオンが、眼力で倒すほどの目ヂカラが大切と言ってました。それは、ほんとうなんでしょうか?」と。

武術にはそれぞれ術理やコンセプトがあり尊重するが、当道場にそれは必要ない。

目はセンサーであり、凝視して睨むこと自体「そこ」に執着していることの証拠であり、危険だからだ。

ちなみにこの囚われの状態を、経済心理学用語では、スポットライトが当たっているところしか見えていないという意味で「スポットライト効果」と呼ぶ。

真の実戦では、敵は目の前の一人だけとは限らない。

名だたる剣豪も言ってる通り、広く囚われず全体を俯瞰することを当道場では推奨する。

よって、スルドイ眼光一切必要なし!と説明した。

そうだ、Yクン、キミのそのポカンとした顔つきでOKだ(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR