FC2ブログ

25年ぶりのジモ

2013/11/2 土曜日

午前中、ひたすら雑務。

夜、八丁堀のジモカフェにて梶山シュウ主催のコラボイベント「二人会×3」。東京からマエダケンタロウ&山地恒太、地元からは「海士(シーシー)」、そして僕と梶山シュウの「FarEastLounge 1/2」という布陣。
楽屋はジモカフェの上階にあるジモ・ミュージックスクール。かれこれ25年ほど前、当時やっていたロックバンドの練習スタジオとして頻繁に利用しており、それ以来。一歩脚を踏み入れてまるでタイムスリップしたかのような錯覚に一瞬目眩を起こす。
なんなのだココは。
ほぼ、、、、、なにも変わっていない。時計、穴だらけの天井を這うむき出しの配線、イスやテーブルの配置、ギター保管ラック、凹んだギターアンプ、ベコベコの床、壁にかかっているアート作品。
こわい。コワ過ぎる。25年前の、あの無責任かつ制御不能だった、ブチかましたれ魂オンリーというのか、どちらかというとあまり思い出したくない痴的青春の残像が、地縛霊のように蠢いているではないか。
いや〜、まいりました。あと100年はこのままと思われる。

さて、ライブ。かなり厳しい集客。僕も近年経験したことが無いほど。東京から招いた才能ある2人には申し分けない感じ。ライブそのものは良かっただけに、大いに反省。油断しました。次、頑張ります。

写真:ジモのBスタジオ。ほんと、あまりの変わりなさぶりに、外に飛び出して今が本当に2013年なのかと確かめたくなるほどであった。マジで(汗)。
写真
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR