FC2ブログ

武術の場合、試合は「死合」となる

2019/2/3 日曜日

終日、明日のプレゼンのための準備。

東京オリンピックに空手が正式採用され、注目度が増している。喜ばしいことだ。
どうみても日本選手に勝たせたくないからと思えるようなルール変更にも関わらず、日本選手は頑張っているが、柔道と同じように、ますます武の本質から離れていっている気がするのだ。
たとえば、以前から気になっている組手。両選手共、ピョンピョン飛び跳ねながらやっているが、相打ちでもダメージのないポイント制ルールに守られているからできるのであり、これがどちらかが武器を持ってたら成立しない。っつーか、やれるわけがない。
そもそも、本質を追求していくと試合は「死合」なのだ。
IMG_0163.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

三代目春駒/小林カズヒコ

Author:三代目春駒/小林カズヒコ
マーケティングコンサル、童話作家、声優、ミュージシャン、武術師範(心体育道小林道場師範)など、多方面のトップで活躍するハイブリッド系パフォーマー。能の謡(うたい)を京都在住の観世流シテ方能楽師、杉浦豊彦先生に師事。ちなみに「春駒」とは、芸者として博多で活躍していた祖母「春駒」の芸号である。2019年末、悪性リンパ腫のステージ4と診断され、半年間の抗がん剤投与を経て翌年5月に寛解。

西瀬戸メディアラボHP
http://www.nishisetomedia.jp/

三代目春駒オフィシャルHP
http://www.harukomania.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR